50歳で始めた通訳訓練

通訳者のブログ。会社員からフリーランス通訳者に転身。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

通訳

2018-08-16 備え(3)

備え(1)・備え(2)で書かなかったことがあります。 機械翻訳・機械通訳・人工知能は人間の通訳者の仕事を奪うか、について。 私が仕事をしているうちにはおそらく大きな脅威にならないと(勝手に都合よく)考えてあまり注意を払っていません。 ▼将来の…

2018-08-13 備え(2)

企業業績が悪化して通訳業務の発生が少なくなる可能性を前回書きました。 それでは、事業主としての通訳者はどうしましょうか。 企業の幹部会議で通訳をすると競争の激化や自社技術の陳腐化、市場の変化についての話をたっぷり聞くことになります。それにし…

2018-08-10 備え(1)

東京では現在ちょっとした通訳バブルが起きていると見ていいでしょう。「だれでもいいから連れてきて」という悲鳴に近い声を聞くときもあります。(注) エージェントからは業務の照会が相次ぎ、直接契約の顧客からも経常的に依頼がある。 厚生労働省のマイ…

2018-08-08 まだ何かあるはずだ

通訳学校での恩師と姉弟子と私の3人で経常的に同時通訳を実施する幸運に恵まれています。 お客さんのビルで待ち合わせて、ときには他愛もない、ときには少し深刻な話をして現場に入っていく。 丸1日の業務だと同席通訳者の訳を聞く精神的余裕もあまりない…

2018-08-05 写真的記憶力

今まで出会った通訳者の中で強烈な印象を残した方が2人ほど。 いわゆる photographic memory を発揮する人たち。話者が話した内容をさしたるノートも取らずに微細にわたって通訳で再現できる。ちょうど記事を写真に撮るかのような能力です。 原文の理解も素…

2018-08-01 夢

少し疲れを感じて昼寝。 夢の中でお客さんが秘密の情報を通訳者に知らせるのをためらっている。 「職業倫理としてこの場で見聞きしたことはどこにも出ていきません。たとえば、私の家族は私がどこに行くかも知らないんです。『今日の仕事はどこ』と聞かれる…

2018-07-25 詰め込んでみた

6月と7月とに少し業務を詰め込んでみました。この2か月で50件、うち同時通訳が32件、逐次通訳が18件。1月・2月の件数が少なかった分を取り返せた感じです。 通訳関連雑誌の調査によると、極端に高い報酬・極端に低い報酬を除くと2016年の1日あた…

2018-07-04 Ice Breaking

学生の時にドイツ語を学習しました。三修社の Mein Deutsch という月刊誌を使ってかなりまじめに取り組みました。音声教材 Linguaphone も買いました(カセットテープだった時代)。 会社員生活中にフランス語も学んでみようと少し手を出してわずか数週間で…

2018-07-02 数少ないとりえ

年齢を重ねてから通訳業界に参入したのでいろいろと不利な点があります。最も厳しくかつ悲しいのは、顧客やエージェントに存在を知ってもらって運よく現場に出る回数が多くなったとしても、そのころに引退せざるをえないこと。 私と同じような年齢で何か新し…

2018-07-01 楽しい集まり

米国人の日英通訳者(米国在住・日本会議通訳者協会会員)が訪日した際に小さな食事会をしました。いろいろと事情が聞けて参考になります。 同じ通訳業・同じ組み合わせ言語だから似ているところもありますし、市場が異なることで相違もたくさんありました。…

2018-06-24 平常心で

新しい分野や顧客、通訳形態を経験しつつあります。事前の身が引き締まる思いと終わったときの安堵感とが目まぐるしくやってきます。 こういうときこそ落ち着いて丁寧に、与えられた仕事にいつものように取り組むべきですね。話者が重要人物だったり場面が大…

2018-06-20 飛行時間と手術件数と

飛行機の操縦技能の客観的な指標は飛行時間だそうです。百時間の新米の技能は千時間の経験とは歴然と違う。 外科手術の件数も同様だと聞きました。天皇の心臓手術をした天馬篤さんにとっては年間四百から五百例が標準で、1日1例が最低ラインだと述べていま…

2018-06-19 健康の大切さ

大人気ブログ「定年からの通訳デビュー」の著者モコちゃんパパさんが朝起きられなかったとのこと。幸いすぐに回復されたようです。 私にとっても他人事ではありませんでした。十分に睡眠をとるようにしていたのですが、一昨日は夕食後に資料を読もうと思った…

2018-06-17 常に動態

今年6月にもいろいろと新しい経験をしました。 業務件数 6月の業務件数は25件。月間最多を更新し、月間売り上げはいままでで2位。同日に複数業務が常態となった月でした。 元請 外国の顧客から直接受注し、通訳者チームを組んで対応しました。手配・支払い…

2018-06-08 複数エージェント登録

急に現場に出られなくなった通訳者・休暇を取る通訳者の代わりに仕事に入る形で新しい通訳エージェントに登録してきました。 そうしてわかったことがいくつかあります。 エージェントの成り立ち(歴史)によって客筋が違う。大手通訳エージェントには会議通…

2018-06-06 果報者

いままで600以上の通訳現場に出てきましたが、すべて「ぜひまたこの現場を担当したい」と思うものばかりです。難しかったり冷や汗をかいたり、苦い思い(主に反省点から)をすることはあります。しかし「もうこの現場はいやだな」と感じたことはありませ…

2018-06-05 質も量も

2018年06月の業務予定が6月01日の時点でほぼすべて埋まりました。 こうしたことは初めてです。今までは月が始まってからその月の仕事の照会が来ることも多かったのです。 今年は数か月先の予定もほどよく入って月別の棒グラフがなかなか良い形です。 青の棒…

2018-06-04 通訳業務記録ファイル

年度末に翌年の事業計画を立てます。年間売り上げと経験したい通訳業務を簡単に書き出す程度です。2017年は無事に達成しました。 2018年の売り上げ目標は仕事に出たい日数 × 年度内で実現したい単価で計算しました。前年比 30% 増というやや強気の数字です。…

2018-06-03 通訳学校で教えてもらっていないこと--日本語始点の通訳

こんな場面を想像してください。 多国籍訪日団が施設を視察します。日英・日中・日露と通訳者は3名。簡易機器(パナガイド)で送信します。 さて、視察が終わって質疑応答の場面。中国からの訪問者が質問し、日中通訳者が逐次で質問の日本語訳をします。日…

2018-05-28 いろいろな仕事--身体的要求度の高いもの

通訳者の仕事場にはいろいろあります。どのような仕事を中心にしているかでも大きく違います。企業のIR担当者と共に世界を回るのが中心の人もいますし(年間のホテル泊が簡単に 150 を超える)、港区・千代田区・中央区のオフィスビルの中だけで仕事をして…

2018-05-27 よい機会

出身通訳学校系列以外の通訳エージェントとのおつきあいは通訳者の紹介によるものばかりでした。 そうした通訳者と出会うのは現場が主ですが、それ以外にも日本会議通訳者協会や日本翻訳者協会(JAT)のイベントでも知り合っています。 自ら動くと出会う確率…

2018-05-23 仲間に会う

いろいろと事情があり、本来入らない予定だった業務に入れてもらったら通訳学校で同じクラスにいた方と一緒になりました。修了してからもう3年。 元気で活躍していらっしゃる。こうして同じ現場に立てるのも本当にありがたい(文字どおり「有るのが難い」こ…

2018-05-21 過剰に反応しない

商売をしているといろいろなことが起こります。「それはちょっとひどくはないですか?」ということもないわけではない。 そうしたときにすぐ反応せず、まず一息入れることに慣れてきました。 先日も「商いの道として、それはないでしょう…」というような事態…

2018-05-19 通訳はサービス業

そりゃそうです。物品を売っているわけではありません。求めに応じて役務を提供し、報酬を得ています。 フリーランス通訳者として役務を提供するのですから、労働法が整備される前の工場労働者にも似て「ケガと弁当は自分持ち」です。 □月△日に〇〇という場…

2018-05-17 山あり谷あり

すっきりと晴れた青空のような気持ちで現場を後にすることはなかなかないですね。 ・あそこがいまひとつだった…・ちょっと理解が足りなかったのではないか・あっちのほうの意味だったのかも…・もっと抑え気味の表現でよかったな かなり重圧を感じていた業務…

2018-05-13 インド英語攻略法

IT関連の通訳だと話者にインド人が入る割合がかなり高いと思います。インド人の英語には日本人通訳者にとって難しくなる要素が多いですね…。 物心ついたときから使っている準ネイティブスピーカーが多い。そのため自信満々でどんどん話す。 インドの諸言語が…

2018-05-12 両方を知るから

フリーランスの通訳業が本当に楽しく、自分に合っていると日々実感しています。ありがたいことです。 企業勤務経験が長かったこともその理由の一つかもしれません。対照的な世界を体験したからこそ両方の良いところが自分なりにわかる気がします。 毎日違う…

2018-05-11 逐次月間

昨年末から同時通訳の割合が 50% を超えていたのですが、最近になって逐次通訳の仕事が重なっています。電話会議や訪問に伴う通訳、公聴会など、本質的に逐次が標準という業務です。 経験した方ならわかると思いますが、改まった席での逐次通訳はなかなかに…

2018-05-07 通訳者が仕事をする環境

ときどき「保険」として通訳者を手配するお客さんもいます。英語を使わない人がいるかもしれない・来るかもしれないから通訳者を置いておこう、というときですね。 今までに何度かこうした業務もありました。かなり出番が多かったときもありますし、控えてい…

2018-05-01 「続けていれば」「前に進んでいれば」の落とし穴

昨日に引用したインタースクールの講師には他にもいくつか記憶に残る言葉をかけてもらっています。 (定年後の)小遣い稼ぎではなく、堂々とした通訳者人生を送るのなら(以下略) 「目先のこと(通訳学校で進級する等)ではなく、もっと先を見て努力せよ」…