読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2016-10-27 Camaraderie

"Drinking from a firehose" (注)のような同時通訳を担当しました。時間は短くてもすぐに疲れてしまいます。 仕事の後に同席通訳者といろいろとお話をしました。厳しい現場を乗り切ると、その時間・空間を共有したという仲間意識が生まれますね。 * drinki…

2016-10-26 これが許されない

「もう一回聞かせてください」 ▼さあ、乗り込みます。

2016-10-25 一つずつ、しかない。

このブログでは何度か「通訳者になるための学習に費やす時間は短くしたい」と書いてきましたが、ものごとは一足飛びとはいきません。進む先にドアがあったら、一つずつ開けていくことになります。その過程でなるべく効率を上げようとは考えますが、目の前の…

2016-10-22 していないこと

「純国産」留学経験なし。50歳過ぎてから通訳者になりました! という点を強調するつもりはありませんし、今後もおそらくしないと思います(このブログからそういう「におい」がするとしたら、それは私の不徳の致すところ)。 なぜか。 通訳者として売り込…

2016-10-20 正解はたぶんその間にある

通訳での訳語・表現の決定は瞬時です。 What is the make and model of the car? (何ていう自動車ですか)という質問が英国人からあり、マーチです。と日本人が答えたとしましょう。 この答えをどう訳すか。 It is NIssan's March.(マーチです) It's a Ma…

2016-10-12 いろいろなところでつながっている

首都圏をずいぶん離れた現場で通訳をしたら、通訳を発注した企業がその顧客の本社で会議をすることになり、通訳者として呼んでもらったことがあります。ヘルメットをかぶって水たまりをよけて歩いていた通訳者が革張り椅子の会議室に進出です。 作業レベルの…

2016-10-09 新しい仕事・以前からの仕事

なぜか予定が入らずに空いてしまった日がありましたが、新しい分野で仮の業務依頼が入りました。しかし数日後にその予約が消滅。忙しいことだと思っていたら以前からのお付き合いの顧客からその日の臨時の業務依頼がありました。 結果としては事情がわかって…

2016-10-05 仕事の入り具合

9月はぎっしりと予定が入りましたが、10月の予定表ははかなり「虫食い」でした。ところが10月になってから打診が相次ぎ、かなり埋まってきました。 5~10年前と比べると通訳の予約の入りが「荒っぽくなった」という声をよく聞きます。1か月・2ヶ月…

2016-10-03 共同作業

会議同時通訳の場合には2人または3人、密度が高く長時間になるときには4人の通訳者が動員されます。 遂次通訳でも長時間になるときには2人体制で交代しながらですね。これを1人で始めると、私の場合2時間半を越えたあたりで集中力に陰りが出てきます。…

2016-09-30 回復に必要な時間

朝4時半に起き、5時に出発する生活を2週間していました。 拘束時間が8時間あるので朝食と夕食との時間をどう確保するか考えてしまうほどでしたが、以前にも似たような生活を半年ほどしていたので無事に過ごすことができました。 企業勤務で通勤していた…

2016-09-29 ぴっかぴかの土管

"Look at me!"会議中に通訳者に向けられたことばです。語気はやや鋭い。 問いと答えとが何回か往復して、いまだに疑問が解けない。大切な質問だからしっかり通訳せよということなのでしょう。 その気持ちはよくわかります。通訳者だってここまでのやりとりを…

2016-09-26 いろいろな場所へ

こんな表示のある駅も通ります。石油運搬の車両も見えますね。 建物が古くても部屋が広いとなんだかうれしい。空気の量って大切な気がします。大浴場は天然温泉で大当たりでした。

2016-09-18 三つ子の魂百まで

通訳者仲間と集まるとときどき話題になるのが会計記録と確定申告。 こうした事務仕事、けっこう嫌われてますね。 税理士に依頼している人が多いのに少々驚きます。法人にしている場合は片手間では負担が多いかもしれませんが、通訳・翻訳の個人事業主でエー…

2016-09-12 日本通訳フォーラム 大盛況

日本会議通訳者協会主催、イカロス出版後援・アルク後援の日本通訳フォーラム2016が盛況のうちに終了しました。 日本国内からは北海道・沖縄、国外からの参加もありました。 事後のアンケートでも大変満足度が高かったことがうかがえたそうです。 すばら…

2016-09-09 パナガイドのアンテナなど

簡易同時通訳機器として業界標準のパナガイド。技術的には単純な機械だけに使いやすさがあります。 ここではちょっとした役にたたない情報など…。 送信機(transmitter, Tx)のアンテナにマイクロフォンを留めて使う ポケットに送信機を入れるなどして、アン…

2016-09-06 共に仕事をしやすい人

通訳者は常に「最後の1人」です。One too many です。悲しい言い方ですが、必要悪と言えないこともありません(不可欠ですから、ちょっと違うと思うのですが)。 ですから、現場では顧客、顧客の相手、同僚の通訳者になるべく負担やストレスを感じさせない…

2016-09-05 通訳エージェントに感謝

新しい通訳現場の資料がエージェントから届きました。 今後の会議で使う資料だけではなく、いままでの資料も完全にそろっています。流れが追えて非常に助かります。 どのような仕事でもその準備や伏線というものがあります。今までの経緯がわかればだれがど…

2016-09-03 予定が埋まった

2016年9月の稼働日数が21日となるはずです。祝日が2日あってこれだけ埋まるとは思っていませんでした。 20日以上現場に出るのは長期出張以来です。異なる客先・業務で予定表が埋まるとちょっとだけ「フリーランスの通訳者像」に近づいた気がしますね。 内容…

2016-08-30 偶然

仕事で生産施設を訪れました。私が4歳まで住んでいた場所から2百メートルほどです。父親は隣の工場で働いていて、社宅の窓から父に向って手を振ったのを憶えています。こんな形で再訪するとは思っていませんでした。 いままで工業施設に入ることもかなり多…

2016-08-29 日本通訳フォーラムに参加

日本会議通訳者協会主催、アルク・イカロス出版後援の日本通訳フォーラム2016に実行委員として参加しました。 昨年に一般聴衆として参加し、内容の豊富さに感心したので今年はもう少し深く関わろうと思ったんです。 運営側に回るといろいろと忙しくなり…

2016-08-27 少しは学ぶ

以前に屋外の通訳業務で少し声を張り過ぎてしまい、翌日声が出なくなったことがありました。翌日は幸い休みだったのですが、ひやりとしました。 先日も生産施設内で大きな声を使ったのですが、前回のことを思い出して脱力して声を出すよう心がけました。 こ…

2016-08-12 日本通訳フォーラム チケット追加販売

日本会議通訳者協会が主催するイベントの中で年間最大の 日本通訳フォーラム2016 の参加チケットの追加販売があるようです。 予定していた枚数が早期に売り切れたため、予定していた会場を拡充したとのこと。 ※追加チケットの販売開始※ セッションの内容を見…

2016-08-10 いろいろなところに(1)

この向こうが現場だと聞いたのですが。

2016-08-07 Automatic

【その1】会社員時代は新橋駅で銀座線に乗り換えて通勤していました。 最近出向いた客先も銀座線。ただし方向は反対。 で、やっぱりやってしまいそうになりました。JRを降りて銀座線の改札を通ると足が自動的に▲方面の乗り場に向かっていました。 幸い電車…

2016-08-05 取り越し苦労

仕事の受注についてはいろいろ気を揉むことも多いですね。 決まるだろうと(勝手に)思っていた業務が顧客の事情で立ち消えたり大幅に縮小されたりします。その日だけの仕事で出向いたら、後日中長期で依頼されたりもします。 年間の件数・通訳報酬をエクセ…

2016-08-04 常に変化

新しい分野の通訳に出ることが続きました。外気温でホカホカと暖まった分厚い資料が続々と届いて「これは大変だ…」と思ったこともあります(来ないより良いのは確かですが)。 以前に「2015-12-23 潮目・経歴書」で「潮目は変わったな」と書きましたが、振り…

2016-08-03 地の果て、または地の利

都心に出るのに少々時間がかかる場所に住んでいます。 ときどき近所の写真をこのブログに貼りつけていますからどんな場所かご存知の読者もいらっしゃるかと思います。 仕事が立て込んでくると「こりゃやっぱり中央区・港区・千代田区に(住めないながらも)…

2016-07-31 通訳・翻訳の「商品」としての特殊性

2016年7月の売上は本年度最低となってしまいました。仮案件の消滅が痛かったですね。発注主の予算管理の厳しさを感じます。 私も企業勤務で物品やサービスの購買をしてきましたから事情はよくわかります。いままで同じところに発注している業務についても定…

2016-07-29 手ごたえのある現場

以前に担当した現場に再度出向きました。まるでその組織の一員かのように暖かく迎えていただきます。うれしいですね。 仕事の内容は量も質も大幅に拡充していました。経験があるからといって慢心は絶対に禁物ですね。 ▼疲れたので切れ味の冴えるミールスです…

2016-07-25 お手玉

最近ではジャグリングといったほうが通りが良いのでしょうか。 短い間に3つの課題があり、それぞれ準備が必要。 何に・いつ・どれだけ 時間をかけるべきか、それを心配するだけで心のエネルギーが目減りしてしまいます。 ようやく1つはとりあえず片付きま…

2016-07-24 もうひとつの楽しみ

通訳の楽しみ、もうひとつありました。 スポーツ的な達成感。 これは同時通訳、それも講演形式で顕著でしょうか。 事前準備・話者との相性・当日の環境で出来具合はいろいろです。なんとか頭を水の上に出し続けて泳ぎ切ったときには独特の達成感があります。…

2016-07-23 通訳という仕事の楽しさ

言語の問題で成り立たないコミュニケーションを可能にする。この手伝いをする確かな手ごたえがなんといっても主なもの。 しかし、そのほかにもいろいろありますね。私の場合ですと(他の通訳者とかなり共通していると思います)… 日常の生活でお世話になって…

2016-07-22 先のこと・他人のことはよくわからない

ときどきは午前・午後で異なる客先の仕事を担当する日も出てきます。両方とも資料がたっぷり、では避けたほうが安全ですが、なんとかなりそうなら何事も経験。 そんな日がしばらく前にありました。業務のひとつは経験もあり、内容も予測がつくもの(Aと呼び…

2016-07-17 商売道具は大切に

ライブハウスにときどき出かけます。 音響機器の性能向上が著しく、クリアな音を信じられないほどの音量で出しています。いや、正直、ちょっとやりすぎ。通訳者はライブハウスから遠ざかるべきでしょうね。 Google で [ライブ 難聴] を検索語にするとわかり…

2016-07-15 運をどう考えるか

モコちゃんパパさんのブログ「定年からの通訳デビュー」2017年7月9日の記事順調にいくようになってきましたにうまくいくようになった要因が簡潔に箇条書きにしてあります。大いにうなずくことばかりです。ブログ読者のご参考になるかもしれないと思い、私の…

2016-07-01 あれれ…

仕事面で良い波に乗りかけた気がしたのですが、次々とキャンセルとなってしまって一気に失速の感あり。 一喜一憂せず、のつもりなのですけど、残念なものはやはり残念ですね。 ▼良い波到来か、と思わせた業務は無事に終了しました。内容・形態共にすばらしい…

2016-06-30 鍛えられます

こんなことも起こります。 会議には「高機能バイリンガル」(私が勝手に使っている定義です)の方も数名参加。日英どちらでも母語話者として通用する人たちです。以前はそうした場での通訳にわずかに気おくれもしていましたが、最近はそうでもないですね。 …

2016-06-25 行政支援通訳

ボランティア通訳をある種「格下」に見る人がまだ多いのですね。私はそうは思いません。野球選手が草野球チームを教え、著名歌手が被災地で歌う。プロ通訳者もそれに倣えばいいじゃないですか。それがボランティアだと思います。 予算が付かないためにやむな…

2016-06-24 朝食

昔から「交通機関の事故で遅れました」と説明するのが好きではなかったので、なるべく早めに用務地の近くまで移動してから朝食にしています(管理職時代は部下に「通勤で決して無理はするな。電車遅れで駅が混むならカフェで一服してから来い」と言っていま…

2016-06-19 早く動くようになった

通訳の学習を始めるときに通訳学校をどこにしようかと迷いませんでした。「大きな違いはないだろう」「本人がどうするかの話だ」 通訳の仕事を始めたときも、「まだ滑走路上にいるようなものだ」「とにかく空に登らなければ何も見えてこない」と考え、何でも…

2016-06-18 初めての場所・初めての人・初めての内容

フリーランスで通訳を仕事にすると、表題の 初めての場所 初めての人(顧客・顧客の交渉相手・同僚の通訳者) 初めての内容 という環境で仕事をする機会が多くなります。「おなじみ」の仕事を増やすのが好ましいのですが(準備の効率化・顧客の慣れ)、常に…

2016-06-11 背伸びも遠慮も無用

他の通訳者に会って私のほうが経験年数が長いということは今まで皆無でした。一般的なところでみなさんの経歴は私の5~8倍というところでしょうか。唯一通訳学校で最後のクラスで一緒だった仲間がだいたい同じくらい(何度か同じ現場で仕事をする幸運に恵…

2016-06-05 声が冷たかったかも

逐次通訳で英語を出すときの声が課題になっています。 ときどき自分で気づくのですが、「エラそう」なんですね。あるいは高圧的とも冷たいとも。「いいですか、話者はこう言っているんです。諸君、わかりましたか」という香りがしそうです。 休み時間に仲間…

2016-06-04 常にほろ苦い

おそらく顧客の役に立ったはず。「ああ、やっちゃった」という間違いも(自分でわかる範囲では)なかった。リズムよく議事を進めるのに貢献した部分もあった。 それでも、なんだかすっきりしないこの感じ。本当に話者に寄り添えていたのか。忠実に、それでい…

2016-05-31 どこまでどのように話者に寄り添うのか

通訳の仕事場は少しずつ変わりつつあり、20年・30年前とはかなり違ってきているのではないでしょうか。 まず、客先の英語運用能力が大幅に伸びています。両言語を解するのは通訳者だけという現場は例外的になりつつあります。 英語を話すのに若干苦労す…

2016-05-30 ホテル

宿泊するホテルに大浴場があると実にうれしい。 リゾートホテルで露天風呂という幸運もありました。 チェーン経営のビジネスホテルには大浴場があって助かります。サンルートも悪くないと思いましたが、ドーミーインエクスプレスの新築物件はなかなかでした…

2016-05-29 出張先で街歩き

出張先であちこち歩き回るのが好きです。 先週は1週間ホテルに滞在して仕事場まで自動車で移動の日々でした。運動不足になるので毎日夕方に90分ほど歩いていました。 地図を見てだいたいの順路を決めて歩くのですが、町は実際に見ると興味深いですね。徒…

2016-05-23 タイマー増殖中

以前に紹介したリズム時計のタイマー、使っている人が周辺にたくさんいることが判明しつつあります。 2016-04-19 ささやかな投資(タイマー・双眼鏡) 私のブログ記事を読んですぐに購入した先輩通訳者からは誇らしげに写真を送っていただきました。 以前か…

2016-05-22 社内通訳者とのチームワーク

社内通訳者の助勢(help)という仕事もあります。通訳者が休暇だったり外国からの訪問者が多くて通訳者が足りなくなったりする場合ですね。 社内通訳者と共に仕事をするのは大好きです。同業者という意識からか、いろいろと教えてもらえます。 部署名、商品…

2016-05-17 小物入れ買いました

通訳業務の現場で使う小物をまとめる袋を購入しました。リヒトラブ スマートフィット キャリングポーチ B5 A-7576(黒)です(大層な名前ですね…)。量販店での実売価格 1,500円程度。 大きさは各種あるのですが、電子辞書・タイマー・イヤフォンということ…