50歳で始めた通訳訓練

通訳者のブログ。会社員からフリーランス通訳者に転身。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

通訳

2018-11-03 一人で大きくなったような顔をして

インタースクールでお世話になった講師・通訳者さんと仕事をしました。それも1週間に2回。少し久しぶりです。 常設の同時通訳ブースに初めて入ったのが同じお客さんの仕事でした。そのときの同席通訳者もこのお世話になった方。 思い出深い場所です。 ▼「…

2018-10-30 慣れて楽になるとは限らない

今まで何度か担当した会議の続きに入りました。仲良く仕事をしてきた通訳者仲間といっしょです。あまり危険な香りのしない現場だといえるでしょう。参加者や用語にもなじみがあります。 ところが通訳してみたら実に難しい。話の密度が高く、速さも相当です。…

2018-10-26 The best of the two worlds

通訳の仕事をするようになってストレスの度合いが非常に下がったと感じています。 企業勤務時代に比べて仕事がとりわけ楽になったというわけでもありません。仕事が大きく変わったのでその変化(珍しさ)を好ましく感じているのが要因の一部なのかもしれませ…

2018-10-21 同時通訳ではやはり早い反応も大切

思いつくままに語っていく話者の同時通訳は難物です。以前、2016年にも似たような体験をしたのを思い出しました。 音声が耳に入るそばからどんどん訳出していかないと通訳者が取り残されます。そして「思いつくままに語っていく話者」というのが通訳者にとっ…

2018-10-19 異なった角度から

三人体制の同時通訳を三日間。通訳それ自体はなかなか大変ですが、通訳者は仲良くなごやかに仕事をしています。この「チーム感」というの、けっこう好きです。 通訳するのが難しい話者がいらっしゃるのですが、なぜ難しいのかについて同席通訳者と話すと私と…

2018-10-16 翻訳が目にしみる…

通訳で出向いた先で翻訳を少し任されることがありました。 ノートPCの小さな画面で作業すると目が疲れますね。翻訳なら大画面を2つくらい使いたいところ。原文と辞書を片方のディスプレイに出し、もう1つで翻訳など。 目には少々つらかったのですが、翻…

2018-10-13 雪の下で耐える

企業を退職して通訳学校に通って生活費を払うと、それはそれはおもしろいように預金残が減ります。キャッシュがぼーぼーと燃える音が聞こえるようです。 続けていけばなんとかなる場合もありますが、なんともならない場合もあります。 全員が「続けていけば…

2018-10-03 奈落はいつも口を開けて待っている

縁をいただいて同じ客先に複数回通うようになることがあります。 そのおかげで通訳者として生計を立てることができたのが 2014年。 その後そうした機会が増え、現在最高経営陣の会議に定期的に呼んでもらっている世界的大手企業が2社。学術関係で続けて機会…

2018-10-01 そんな訳(やく)じゃないんだ

O Freunde, nicht diese Töne!sondern lasst uns angenehmere anstimmen,und freudenvollere. だれもが聞いたことのある文句です。英語にするとOh Friends, not these tones!Rather let us sing more cheerfuland more joyful ones. ベートーベン 交響曲第9…

2018-09-26 続けていけるありがたさ

音楽やスポーツで食べていくことに比べれば、通訳業は見通しがつく(あきらめもつく)。 ▼渋谷のライブハウス13会場で開催のHUG ROCK FESTIVAL2018 秋分の日に出かけました。おめあてはマキアダチです。演奏は北欧・UKロックの世界でした。終演後にCDを買…

2018-09-25 一問一答

今年のいままでの業務では・同時通訳 58%・逐次通訳 42%となっています。 工場や屋外施設の視察の通訳をある程度請け負っているので逐次も定期的に担当しています。 逐次通訳にもいろいろな種類があります。儀礼的なあいさつ、講演、交渉、作業など。 顧客の…

2018-09-19 わらしべ長者(とその逆)

設立したばかりのベンチャー企業Aで通訳をしました。最初は地方都市のAの作業所で。そしてそのベンチャー企業の客先である大企業Xの現場事務所で。しばらくしたら東京にあるX本社の会議室に出入りするようになりました。 Aはやがて世界最大手の企業Bに…

2018-09-18 充実感を味わう時

こんな場面を想定してみてください。 英語話者が来日し、日本人数名と順に個人面談をする。英語を使わない人もいるので通訳者が手配されました。 なかには英語をかなり自由に使う人がいます。「話者に勝る通訳者はありえない(本人が伝えられればなにより)…

2018-09-16 まだまだ新しいものが出てくる

初めて通訳の仕事に出たのが 2014年3月05日でした。 2014-03-05 ソフトデビュー この日のことはよく覚えています。どんな話をしたか、昼食をどこで取ったか、電車の駅からどう歩いたかなどなど。 それから今まで何百という現場に出てきました。人と人とが話…

2018-09-14 知識は身を助けます

この見出しを見て「ははあ、なるほど」と思う人は読む前に表題に続く記事の内容がだいたいわかると思います。 通訳を志すような人ならたいてい The Little Red Book を連想するはず。ユン・チアンの「ワイルド・スワン」にも出てきましたね。 雑誌の見出しで…

2018-09-12 エージェンシーとの関係

最近いくつかの業務(異なる複数の客先)でとてもありがたい経験が続いています。 資料が事前に両言語で届き 主催者と事前打ち合わせができ 音響が理想的で 人前で話すのに慣れた話者が明瞭に語り 同席通訳者は以前に組んだことのある親しい人で 弁当がかな…

2018-09-11 待て。そして望みを持て。

アレクサンドル・デュマの「モンテ・クリスト伯」の邦訳「巌窟王」の児童向け版で読んだのが表題の表現。 通訳業務も世の中の多くのことと同じで「いいこともある。だけど、そうでもないこともある」の連続です。 報酬の高い業務が客先都合で立ち消えとなり…

2018-09-09 労働環境・安全・衛生

生産施設の労働安全の話は 企業にとって非常に重要 基本は共通している ひととおりの準備が比較的しやすい ただし生産そのもの・企業の事情は大きく異なる という特徴があります。 毎月のように会議で通訳をしている超大手企業でも安全衛生の話は必ず出ます…

2018-09-06 聞こえなければ訳せません

以前に 2018-07-22 顕著な効果--音取り用パナガイド という記事を書き、通訳者が送信機・受信機で話者の声を聞くお話をしました。 先日3人体制で簡易同時通訳を担当しました(送信のみ機材使用)。ご一緒した通訳者のお1人はブルートゥース(Bluetooth)の…

2018-09-02 整理をつける

他の仕事から若い時に通訳業に転進した方とときどき組むことがありました。ある日、休憩時間にこんな話をしてくれました。 部屋でいちばん若い私が社長レベルの人の通訳をするわけです。部屋で英語がわかるのが私だけ。だから、なんとなく自分も重要人物にな…

2018-09-01 最後の日

ブログ「定年からの通訳デビュー」に「ジ・エンド」という記事がありました。 通訳に行くとき今日で「ジ・エンド」かなと思いながら出かける。 同じことを考えていらっしゃるなあ、と妙に納得しました。 2017-06-09 今日こそ「その日」かもしれない ▼薄味で…

2018-08-30 超えた

通訳業務はエクセルの表で記録しています。今後の業務も先日付でどんどん書き足しているので、いままで照会のあった業務がすべて確定した場合の年間売上を常時把握しています。交通費も入力し、源泉徴収税額も自動計算しているのでそのまま確定申告の資料に…

2018-08-29 部活動・仲間との語らい

仲間と東京駅八重洲口近くの「ダクシン」でミールス(南インドの定食)。基本となるラッサムやサンバルはもとより、キーマもとてもおいしかったですね。野菜サラダとチキンティッカをチャパティで包んで食べるとおいしいですよ。ちょっと「サブウェイ」みた…

2018-08-27 A Super Day

もうすっかり日本の通訳界で知られる存在になった日本通訳フォーラム。 今年は昭和女子大のすばらしいホールを3つ使って基調講演+12セッションという大イベントになりました。来場者は200超。今年は以前にも増して通訳者(社内・フリーランス)の参加…

2018-08-21 ちょっと変わった2週間

ぎゅうぎゅうと仕事を詰め込んだ3月~7月。夏の暑い盛りに親知らずを抜くこともあって8月は仕事を減らしました。二週間で業務日が3日という良い夏休みになりました。 本を読みましたし、暑さが最も厳しい時期に都心に出ることがありませんでした。 休み…

2018-08-17 年輪

職業人として過ごした日数を分野別に % で示してみました。34年5か月のうち、通訳が13%程度。今後はこの数字が伸び、他は相対的に減少していきます。 人事 39.2 会計 20.1 通訳 13.3 海外事業 10.4 財務 7.5 事務局 5.3 通訳訓練 4.1 ▼毎年たくさん実…

2018-08-16 備え(3)

備え(1)・備え(2)で書かなかったことがあります。 機械翻訳・機械通訳・人工知能は人間の通訳者の仕事を奪うか、について。 私が仕事をしているうちにはおそらく大きな脅威にならないと(勝手に都合よく)考えてあまり注意を払っていません。 ▼将来の…

2018-08-13 備え(2)

企業業績が悪化して通訳業務の発生が少なくなる可能性を前回書きました。 それでは、事業主としての通訳者はどうしましょうか。 企業の幹部会議で通訳をすると競争の激化や自社技術の陳腐化、市場の変化についての話をたっぷり聞くことになります。それにし…

2018-08-10 備え(1)

東京では現在ちょっとした通訳バブルが起きていると見ていいでしょう。「だれでもいいから連れてきて」という悲鳴に近い声を聞くときもあります。(注) エージェントからは業務の照会が相次ぎ、直接契約の顧客からも経常的に依頼がある。 厚生労働省のマイ…

2018-08-08 まだ何かあるはずだ

通訳学校での恩師と姉弟子と私の3人で経常的に同時通訳を実施する幸運に恵まれています。 お客さんのビルで待ち合わせて、ときには他愛もない、ときには少し深刻な話をして現場に入っていく。 丸1日の業務だと同席通訳者の訳を聞く精神的余裕もあまりない…