50歳で始めた通訳訓練

通訳者のブログ。会社員からフリーランス通訳者に転身。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2021-09-18 活動期間

加齢にはあらがえないというお話です。


ブログの表題のように28年の会社勤務の後に自営の通訳者になったのが少し珍しいためか、通訳関係の雑誌などの取材を受けてインタビュー記事が今までに3つほど掲載されています。もうすぐもう1つが専門誌に載ります。これでこの関係の情報提供は終わりにしようと思っています。


仕事量がどう増えていくかは通訳者それぞれですが、大多数の人は通訳業務件数が少ない状態を数年は経験するはずです。さもなければ未経験の企業内通訳者として経歴書に「通訳」と書けるように仕事をすることになるでしょう。

つまり、それなりの収入を得るようになる前に少し時間を必要とするわけです。業務がなんとか軌道に乗ってからの時間はなるべく長くしたい。その点で40歳で通訳を始めた人は50歳で始めた人よりもかなり有利なのは間違いありません。準備期間の後の豊かな通訳者人生の「刈り取り」期間が10年長いのは大きな違いでしょう。


こんなことを書こうと思ったのは体力の衰えを少し感じたからです。数年前に深夜から早朝にかけての仕事をしたときにこんな記事を書きました。

2016-02-19 夜勤

このころから深夜業務は引き受けていません。そして、最近になって早朝の業務でも回復に少し時間がかかるのを自覚しました。朝4時くらいに起きて午前の早めの時間に終わる仕事です。早く寝ればさほど並外れた業務時間ではありません。これがあたりまえという人も多くいます。それでもこの勤務が少し続くとその後になんとなく疲れを感じます。
「これがおそらく『もう若くない』ということか」
と思いました。少しずつ体力面で、そして恐ろしいことに気力の面でも制約が出てくるのでしょう。


手際よく作れるようになりました。考えて、試す。大切なことです。
鶏にはゆでたカシューナッツをすりつぶして加えました。じゃがいも・オクラは今回は水分を飛ばしました。豆スープはムングダール(緑豆のひきわり)です。豆を乾煎りして香りを出してから煮て、パンチフォロンというベンガルの香辛料とマスタード油(マスタードの実を絞った油)で仕上げます。

f:id:shira-j:20210917204612j:plain

 

2021-09-13 理事会を開催

日本会議通訳者協会の理事会がありました。できれば地面の上で話をしたいところですが、異なる環境にいる人が出歩いて集まるのは危険を増やすのでオンライン開催です。

現在の理事全員が相互に地面で会って話をしたことがあるためか、オンライン開催でも十分な意思疎通ができるように思います。ひょっとするとこんな考え方ももう古くなっているのかもしれませんが。


各理事が最近の活動の成果と今後の計画・課題を発表し、必要があれば討議をしました。正式な会議で課題を話し合って担当者や期限を決めると実現への機運が高まります。


最近ちょっと話題になっているのが神奈川県中部にあるスリランカから来たイスラム教徒が経営する料理店。Easy Day、Aysha Kitchen、Sam's 3 Halal Restaurant、Yoko Food  と4軒もあります。写真は Easy Day の Rice & Curry。

f:id:shira-j:20210912224020j:plain

柔らかなしょうが風味の甘味炭酸飲料。

f:id:shira-j:20210912224120j:plain




2021-08-31 日本通訳翻訳フォーラム最終日

2026年から毎年開催している日本通訳フォーラム。昨年と今年(2020・2021年)には「日本通訳翻訳フォーラム」として8月の1か月間毎日(文字通り毎日の31日)オンラインで講演や座談会を実施しています。

今年も今日が最終日。講演者への打診や手配は人と人とのつながりから始まりました。

「こんな話できる人、いませんか」
「あの人にお願いしたいけどどう同連絡したらよいだろうか」
というときに必ずといっていいほど
「それなら良い人を知っています」
「私がなんとかしましょう」
という展開になるのです。


オンラインで開催し、翻訳者、翻訳を志望する人や翻訳を研究する人も参加するので昨年と今年のチケット販売枚数は以前より大幅に増えました。コロナウイルス流行で会場に集まれないことを嘆いていたら時間と空間を超えるオンラインの力を思い知ることになったわけです。

来年はどうなるのでしょうか。久しぶりに会場に集まって旧交を温め新しい出会いを生む機会になるのか、オンラインを取り入れるのか、ひょっとしてまだ物理的に集まれない可能性もありそうです。


コロナウイルス流行が始まって以来初めてのシナモンガーデンです。
盛り付けもきれいで、それぞれのおかずの味もくっきりとしています。

f:id:shira-j:20210830223637j:plain

 

2021-08-28 買い物が多くなります

在宅業務の回数が増えると買いそろえるものが増えるというお話です。


先日オーディオインターフェイスを購入したばかりですが、ウェブカメラと緑の背景布も買いました。通訳だけなら画像は「身振りが見えればいい」程度で足りるのですが、セミナーの画像はできるだけ高品質のほうがいいですね。人間の目は高解像のほうが自然に感じて疲れません。表情からも情報を得ようと無意識に脳が努力しているのだろうと思います。


詳しくないなら定番を買え、の教えに従ってロジクールの C922n HD STREAM WEBCAM にしました。小型三脚(けっこう使える)も同梱されている商品です。

IBM ThikPad X1 Carbon の内蔵カメラより数段画質が良いですね。もっと早く入手していればよかったと思いました。


以前白色の背景布を買ったのですが、バーチャル背景を使うなら緑のほうが良いと聞いて緑を手配しました。白よりもバーチャル背景と自分の顔との境目が気にならなくなりました。


遠隔通訳・遠隔セミナー用の機材の現状です。

  • ノートPC Windows10 2台
  • タブレット Windows10 1台(予備)
  • デスクトップPC Windows10 1台(予備)
  • デスクトップコンデンサーマイク 1台
  • 3.5mm ミニプラグのヘッドセット 1本
  • USB-Aプラグのヘッドセット 1本
  • 3.5mm ミニプラグのイヤフォン 2本(外出用/自宅用)
  • USB オーディオインターフェイス 2台
  • アンプ内蔵ステレオスピーカー 1式
  • スマートフォンスタンド
  • USB ウェブカメラ 1台
  • LED 卓上スタンド 1台
  • LED 撮影用照明 2台
  • 接続ケーブル いろいろ

こうしてみるといろいろと増えてますね。それでもデスクトップPC以外は必要最小限だと感じています。


神奈川県大和市スリランカ料理店 Royal Green。隣の海老名市から移転して広々とした店内になりました。トゥナパハ(スリランカのミックススパイス)の焙煎がやや深いのがこの店の特徴です。同じ大和市のシナモンガーデンと違って酸味はあまり感じません。

f:id:shira-j:20210827221852j:plain

 

2021-08-15 オーディオインターフェイス買い増し

ヤマハ AG03 を購入したというお話です。


オーディオインターフェイス ヤマハ AG03 を購入しました。Behringer XENYX 302USB の入替ではなく、追加です。遠隔通訳で PC 2台を使うことが多くなったのが理由です。PC内蔵の D/A 変換器でも通訳音声を扱う限りは音質の問題はないと思うのですが、できるだけのことはしてみようと思いました。

これで2台のPC共にUSB(デジタル)出力を外付けインターフェイスでアナログに変換することになり、音声信号の処理の自由度が増しました。


通訳者仲間に教えてもらったことがひとつ。電子会議室2つで一方通行(英→日のみ、等)の同時通訳をする場合、原音声の聞き取りはPC1から、通訳音声の送り出しをPC2から、という運用も多いと思います。

複数通訳者起用の場合、パートナー通訳者の音声も聞きたいのでオーディオインターフェイスで原音声と通訳者音声を混合して聞くようにしています。先日のパートナーさんは通訳者音声のみステレオの片チャネル(右のみ、等)にしているとのこと。

パートナー通訳者の音声はパートナーが話しているか休んでいるかがわかればいい場合がほとんど。片耳からだけ聞こえるようにしておくと、反対側の耳に意識を移すだけでパートナーの訳出音声が気にならなくなる。

とのこと。アナログ変換した音声を外付けインターフェイスに接続するときにステレオの片チャネルだけにプラグを差し込むわけです。さすがの思い付きです。


使っている人が多いのでパートナー通訳者と「ギターとキーボードのつまみ」や「パソコンマークの音量」といった表現で説明できるのが便利です。

f:id:shira-j:20210814202249j:plain