50歳で始めた通訳訓練

通訳者のブログ。会社員からフリーランス通訳者に転身。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2020-09-18 まだわからない

通訳需要はコロナウイルスの流行で大きな打撃を受けました。来日者が途絶えるので来日者に関連する通訳業務もなくなります。今後の需要がどうなるか、仲間の通訳者や通訳機材提供会社の経営者と少し話をしたことがあります。

結論は
「まだよくわからない」
という、ごくあたりまえのもの。

打撃が深刻で長い期間続けば通訳産業の構造が変わるでしょう。しかし、打撃は大きいものの期間は産業構造が変わるほど経過していません。以前からの「慣性力」がまだ存在すると感じています。環境が変わっても人間の営みは即座に対応しません(できません)。

人の往来が自由にできない状態がさらに続けば通訳市場も必ず変化します。その反対に、例えば来年から移動の制約がほとんどなくなるようなことがあればコロナウイルスのことなど忘れたように以前の活動に戻るでしょう。

影響の「深さ」と「長さ」という2つの変数があるので予測が難しくなっています。


ひきわり豆を煮ます。奥のオレンジ色のものがレンズマメのひきわり(マスールダール)、手前の黄色いのが緑豆のひきわり(ムングダール)。豆そのもののおいしさで食べられます。ムングとマスールを合わせてカップ1で4人分。
1 ムングダールは30分水につけておく
2 マスールダールとムングダールとを圧力鍋に入れ、強火で沸騰寸前まで
3 圧力鍋のふたを取って沸騰させる
4 あくが猛烈な勢いで盛り上がるので取り除く(圧力鍋の弁をふさぐので)
  このあくは捨てない
5 米を炊くくらいの水の量にしてターメリックを小さじ 1/4 加えて圧をかける
6 5分(粒がやや残る)~8分(豆の正体がなくなる)の好みの煮えかげんで
7 あくを好みに応じて戻す(全量戻しても雑味は感じない)
8 塩を入れ、香油をかけてできあがり
香油(北インド風):小さなフライパンにギー大さじ2を熱し、クミン粒小さじ1を弱火でしゅわしゅわするまで。赤唐辛子を1本入れて香りを移す。玉ねぎみじん切りを大匙1杯(省略可)。玉ねぎが色づいたら豆の鍋に加える。

香油(南インド風):ギー大さじ2を熱し、マスタード粒小さじ1を弱火で半量がはじけるまで(残りの半量は他の材料を入れているうちにはじける)。赤唐辛子を1本入れて香りを移し、玉ねぎみじん切り大さじ1杯で温度を少し下げ、ヒングを小さじ 1/8~1/4。カレーリーフを適量(5~10枚)入れ、ヒングの香りが変わったら豆の鍋へ。

f:id:shira-j:20200917202037j:plain



2020-09-13 遠隔通訳スタジオ

遠隔同時通訳用のスタジオがいくつか登場しています。


日本でかなりの市場シェアを持っている InterpreteX の開発元株式会社ABELONがスタジオを設営したとのこと。訪問した通訳者によるとなかなか快適だそうです。

同社のブログ記事を読むと遠隔同時通訳技術の動向がわかります。

InterpreteX

 


株式会社放送サービスセンターが設けたリモート同時通訳センター「Rebase東京」を同社のご厚意で訪問しました。

設営の目的や機能は同社のウェブサイトを参照してください。


たいへんあか抜けた施設で、
「ここで仕事したら気持ちいいだろうな」
という仕上がりでした。

同社の遠隔同時通訳システムの操作はタッチスクリーンを使うとてもわかりやすいものでした。


コロナウイルス流行という思いもしなかった要因が通訳の技術更新を加速する様子を目撃しつつある気がします。

2020-09-12 それで、君は何をしたいのか

長年の企業勤務に終止符を打って自営業の専門職に就く。これだけでもそう簡単なことではないですね。なんとかして通訳者として世に出て生計を立てるだけの収入を得るのを当面の目標として進んできました。

ここに欠けているものがあるとすれば
「通訳者になる理由は何か」
「通訳者として何をしたいのか」
ということでしょう。


コロナウイルスの流行騒ぎがなければ通訳報酬の数字を追いかけ、いわゆる「格の高い」通訳業務を請け負うための努力を続けていただろうと思います。

しかし、これって有名大学に入りたい・一流企業に就職したいといったたぐいですね。十分に意味はあるのですが、それ自体は目標(しるべ)にはなっても目的(まと)にはならない。

コロナウイルスの流行で業務量が減り、今後の通訳業界も今までとは違ったものになるのはまず間違いない。変化は量的にも質的にもあると思います。仕事が減っただけ考える時間ができました。

「世間は君を通訳者と呼んでくれるようになったかもしれない」
「それで、君は何をしたかったのだい?」


新宿区四谷のカフェ「ココカラ」が開店10周年を迎えました。しっかりと生き残るのも並大抵のことではありません。自営業の先達として存在を心強く思っています。コーヒーは豆の焙煎を少し深くしたのが店主の好み(食後に出すことも考えて)。小さな菓子を出してくれました。

f:id:shira-j:20200911221353j:plain




2020-09-07 山を越えると滝だったりする

人生なかなか思うようにいかないというお話です。


長年の会社勤務を自ら切り上げて1年半ほど「浪人」として通訳の学習。幸運に恵まれてなんとか職業通訳者らしく仕事をするくらいになりました。

2017-10-17 幸運だった話(1)
2017-10-18 幸運だった話(2)
2017-10-19 幸運だった話(3)


そして通訳者稼業6年でコロナウイルス流行で大打撃を受けます。

下のグラフは通訳報酬の各月の前年同月対比を縦棒で、1月からその月までの累計(移動累計)の前年同月比を折れ線で表したものです。たとえば7月単月の売り上げは昨年7月の 20% で、1~7月の累計は昨年1~7月の累計の 40% ということです。

f:id:shira-j:20200906214317p:plain

3~6月がなかなか厳しい状況だったので累計で 40% をわずかに上回るくらいです。8月は遠隔の仕事や一部会場の仕事も出てきたので半日の仕事を細かく拾って前年比8割くらいになり、例外的に良い月になりました。今年の末には累計で前年比 50% にするのが当面の目標です。


市況は単純に「戻る」ことはなくて「変わる」はずです。自分で仮説を立てて、それについて何をするか考えて行動する必要がありますね。

痛手ではありますが、このくらいでへこたれている場合ではありません。


ちゃんと朝がくる。

f:id:shira-j:20200906215737j:plain

 

2020-09-05 日本通訳翻訳フォーラム2020完結

一か月にわたり文字どおり毎日オンラインセッションを実施した活動が終わったというお話です。


今年(2020年)の5月から6月にかけて、巷の雰囲気は
「ひょっとすると夏から秋にかけてコロナウイルスの流行はおさまっていくのではないか」
と思わせるものでした。

日本会議通訳者協会は毎年の行事「日本通訳フォーラム」をオンライン実施することを決めたのですが、決めた後も
「ちょっと早まったか。会場実施も8月第4週なら可能だったかもしれない」
と思ったりしました。

実際には会場実施は難しかったですね。これも後になってわかること。先に見通せたわけではありません。


オンライン実施によってさまざまなことがわかりました。

  • 参加したくてもいままでの東京実施では参加できなかった方が多かったこと
  • 録画つきオンライン実施にすると「その日そのとき」には無理でも後日視聴する方も多いこと
  • TwitterFacebook でフォーラム関連のやりとりが盛んになったこと
  • オンラインで知り合うと連絡方法が確立するのでその後のプロジェクトにつながりやすいこと
  • 通訳・翻訳産業で著名な方が快く参加してくださったこと
  • 登壇者が皆遠隔システムを十分に使いこなしていたこと
  • 翻訳者の積極的支援・参加が多かったこと

主催側にとっても得難い体験になりました。みなさんありがとうございます。


コメダ珈琲店の昼限定。

f:id:shira-j:20200904195153j:plain

 

2020-08-31 大手媒体に登場

日本会議通訳者協会の会員の企画が実を結んだというお話です。


遠隔同時通訳パートナーに送る LINE スタンプ集。
自宅から参加する遠隔同時通訳の経験のある人なら
「そうそう、これほしかった!」
となること間違いなし。会員の声を集めて作ったそうです。



会員が編著者となって出版した
同時通訳者が「訳せなかった」英語フレーズ (アルク
重版です。

Amazon.co.jp では通訳関係ベストセラー書籍の第2位。

 

2020-08-30 ようやく朝晩はすこし気温が下がったか

まだまだ酷暑の日が続きますが、朝夕はすこしやわらいだようです。


昼はまだセミの大合唱が続いていますが、夜は虫がにぎやかになりました。あの小さな体でこれだけの音を長い間出し続ける自然のからくりには改めて驚きます。

夜間はエアコン不要になり、涼しい風にほっとしています。これも都心を離れて暮らす利点でしょうか。地元の駅で電車を降りると外気の温度が明らかに東京より低い。

今年はコロナウイルス流行のためあまり暑い中歩き回らなかったのですが、それでも暑さは堪えます。睡眠を十分にとるよう心がけようと思います。


Microsoft Teams という電子会議システムで通訳をする機会が何度か続きました。音声が聞こえなかったりこちらの音声が他の参加者に届かなかったことがあり、会議室から一度退出して接続しなおしたら解決しました。問題個所を特定するためにも通訳者の設定は万全にしておきたいですね。具体的にはオーディオ入出力デバイス


かきあげうどん。たまねぎ主体の「立ち食いそば仕様」のかきあげが上品に揚がっていておいしい。

f:id:shira-j:20200829214306j:plain