50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2015-06-14 部活動も

インタースクール東京校 南アジア料理部(パキスタンバングラデシュ・ネパール・北インド・南インド・スリランカの料理が対象)の初代部長を自認していましたが、学校に通わなくなったので "Ret." が呼称に付されそうです。

そうはいっても、先日は南インド料理の名店「アーンドラキッチン」(御徒町)に行ってきました。仲間は

  • コンピューター通信時代以来の友人
  • 国語学習仲間の友人がカレー好き
  • その友達

です。切れ味の良いラッサム、おだやかでありながらカレーリーフや豆の香りが良いサンバル、ミントソースのチキンカレー、 ココナツ風味のじゃがいもと豆のカレーなど、さすがの味わいでした。都心で立派なミールスが 1,290円 というのは感心です。

 

f:id:shira-j:20150612172420j:plain

  • 中央にパパド(豆粉のせんべい)、その下にインド米のごはん
  • 12時 サンバル(豆と野菜のスープカレー
  • 2時 ラッサム(タマリンドで酸味を付け、胡椒を利かせたスパイシースープ)
  • 3時 豆と青菜のポリヤル(サブジ)
  • 4時 じゃがいもと豆のアヴィアル(ココナツカレー)
  • 6時 マトンキーマカレー
  • 8時 ミントチキンカレー
  • 9時 チャパティ(全粒粉の薄い未発酵パンケーキ)
  • 11時半 レモン皮のアチャール(佃煮のような漬物のような)