50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2018-01-16 災い転じて…

以前にとんでもない目に遭った出張がありました。ホテルから歩いていったインド料理店の
「タンドーリチキンサラダ」
なるものがこんなシロモノだったのです。

f:id:shira-j:20180116203702j:plain

マヨネーズですよ、マヨネーズ。それも星型の口金のまま!

私はたいていのものはおいしく食べますが、マヨネーズだけはダメなんです。人生五十有余年をかけてなんとかマクドナルドのフィレオフィッシュのソースくらいは受け入れるようになりましたが、「マヨそのまま」は絶対にだめです。

この日は静かな怒りを以てこの皿には全く手を付けずに店を去りました。


そして数か月後に同じ場所への出張。別のものを頼めば大丈夫と、また同じ店に出かけました。

f:id:shira-j:20180116204200j:plain

おいしいじゃあないですか。ダルタルカ(豆のカレー)もインド人の調理らしくちゃんと「熱した油をじゃーっと」かけた香りがします。


店の人が小さな包みを持ってテーブルにやってきました。
「ただいまキャンペーンでチーズナンをお持ち帰りいただいています」
「明日の朝食にどうぞ」

触ったら焼きたてです。チーズナンは温めなおしても食べられるけど、出来たてがおいしいのは間違いありません。店内で半分食べちゃいました。

そして会計の時になって店の人がこう言います。

「(セットと別の)チャイ(インド風ミルク紅茶)はサービスにしておきますね」

「いや、私は酒飲まないから、売り上げが立たずに申し訳なくて注文したんです。ちゃんと勘定に入れておいてくださいよ」

「お気持ちだけ頂戴しておきます」


マヨネーズの恨みは雲散霧消です。ほかほかのチーズナンをもらって、おいしいチャイを無料で飲ませてもらいました。

翌日の朝食はホテルの電子レンジで温めた熱々のチーズがとろーりと溶け出るチーズナンでした。


さらに、翌日の通訳業務は無理難題が山積みだと思っていたのですが、実はかなり対応しやすい仕事でした。

禍福は糾える縄の如し。