50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2015-12-10 節目となった仕事

通訳仲介会社から打診のある仕事はすべて請け負ってきました(Mr Yes と呼んでください)。やや受け身な姿勢ながらもいろいろと新しい現場を体験することができ、通訳経歴書が少しは形になってきたようです。

今年 2015 年の「はじめて」です~。

  1. 地方自治体首長・商工会議所会頭の式辞逐次通訳
  2. 自然科学系の博士号を持つ担当者相互の技術打ち合わせ通訳
  3. 金融機関企業内研修の通訳
  4. 財務会計の詳細に関する会議の同時通訳
  5. 電話会議通訳
  6. 特殊大規模施設の案内通訳(拡声器使用)
  7. 外国閣僚による意見聴取の通訳
  8. 業務提携交渉の通訳
  9. 政府首脳記者会見での同時通訳

なかなか入れないところに入り、通常では見ることができないものを見ました。

もちろん大変な目にも遭っています。県境を3つ越えていったら当日キャンセルとか、前日に 1 kg の資料が届いたとか、バイリンガルに取り囲まれて逐次通訳とか。6 時間の勤務で口を開いたのが合計数十秒だけという現場もありましたっけ。

特にうれしかったのは同じ学校で・同じ教室で学んだ仲間と現場でいっしょになることですね。あのときは教室で、そして今は仕事でという感覚は格別です。

仲間たちは私の先を歩んでいるので、なんとか後ろ姿を見失わないようにこけつまろびつ追いかけるのみ。そこにいるだけで私の励みになります。いつもありがとう。