50歳で始めた通訳訓練

通訳者のブログ。会社員からフリーランス通訳者に転身。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2018-10-13 雪の下で耐える

企業を退職して通訳学校に通って生活費を払うと、それはそれはおもしろいように預金残が減ります。キャッシュがぼーぼーと燃える音が聞こえるようです。

続けていけばなんとかなる場合もありますが、なんともならない場合もあります。

全員が「続けていけばなんとかなる」のなら、この世は通訳者だらけです。おしゃれな日用雑貨店や自然食カフェやヨガスタジオも街にあふれるでしょう。

持続可能性とは一定量の収入のことです。売上のない事業は続けられません。通訳学校に通い始めたとき、次の2点を「とりあえずの」目標にしました。

  1. 2年半以内にエージェントの名刺を持って通訳業務に出る
  2. 月間売り上げ 60万円。いきなりは無理だろうから、まず 40万円。


1.はさほど難しくありません。通訳者としての経歴がない場合には、一問一答のやりとりが多くて話が複雑にならないビジネスマッチング(売り手‣買い手のお見合い)が機会になる場合が多いように思います。

2.から個人差が出てくると思います。通訳者として世に出たばかりでは企業内通訳者(社内通訳者)のほうが報酬が高くて安定していますね。時給 2,500円なら月間 20日の勤務(正味の通訳稼働時間はずっと少なくても)で 2,500 x 8H x 20日 = 40万円。

いっぽう、大手通訳仲介会社での初級通訳者の報酬は 2万円~3万円でしょうか。経歴書がスカスカのうちは例外を除いて月間の稼働日数は10日に満たないことも多いですから、月間売り上げは 10~30万円。これでも例外的に運の良いほうだと思います(私の場合は最初の数か月間はほとんど仕事がありませんでした。ブログ「定年からの通訳デビュー」のモコちゃんパパさんも「毎日が開店休業状態だった」と書いていらっしゃいます)。


しかし、企業内通訳者は幹部候補人材ではなく「機能」として処遇されることがほとんどです。つまり技能が伸びて昇格・昇給すると天井に当たります。企業としては
「技能は伸ばしてくれなくていい。これ以上は払えない」
ということになります。

いっぽうフリーランス通訳者は顧客の要望に応える仕事をしていれば業務量は増えます(2016~2018年現在の通訳需要は特に旺盛だと感じます)。東京では通訳者は常に不足気味。単価の高い業務を計画的に(あるいは偶然で)増やしていけば月間売上 60万円はさほど難しくありません(一身上の事情で稼働日数に制限がある場合は別ですが)。

ただ 60万円(年額 720万円)ではまだ入社数年目の若手社員の実質所得にも及びません(将来受給する厚生年金・退職金の現在価値や社会保険料の事業主負担分のため)。80万円(年間売上 960万円)程度が一つのめどではないかと考えています。


「堂々たる通訳者人生」を送れ、というはなむけの言葉を通訳学校の恩師からいただきました。通訳者それぞれの解釈があると思います。私の場合は通訳の内容もさることながら、年間の通訳報酬も通訳者の勲章の一つだと思っています。

お客さんが対価を払ってくれる。従業員に給与を払い、工場に投資をし、研究開発に予算を割り当てる。そんな使い道のあるお金を通訳サービスに対して使ってくれる。これもまたすばらしい評価ではないでしょうか。


今回の記事はふだんあまり表に出ない具体的な金額を扱ってみました。私が通訳学校に通っていたときに手に入らなかった情報だからです。わずか1人の例ですが、何かの役に立つかもしれません。

通訳学校に通い始めてからのキャッシュフローを示しておきます。実際のところ、
「石の上にも四年」
でした。ようやく石が温まり始めたところ。ただ、今の東京の通訳市場はバブルなのかもしれません。What goes up must come down.

f:id:shira-j:20181012123101p:plain

※ 参考資料:通訳者・関根マイクの業界サバイバル・ガイド

2018-10-11 時期をのがさないように

なぜか業務直前のキャンセルが相次ぎました。遠方に出かける機会かもしれないと思って学生時代の友人・通訳仲間・英語学習仲間に会いに関西に行きました。


数年前からオンラインでのやりとりはあったものの、地上で会うのが初めてという方。斬新な考えを実行に移しながらも足元もしっかり固めていらっしゃる。その経緯が本当に興味深くて話に引き込まれました。

外から見て想像するのと、本人が実際にどう考えてそうしたのとは大きく違うことって多いのだろうと思い当たります。

最初のこの訪問で新幹線に乗ってきた見返りは十分でした。天候もすばらしかった。


旅館を経営する旧友とミナミの繁華街を歩いて夕食。聞いて驚く話ばかり。そういえば前回来たのは2014年の夏、私が本格的に通訳業務を始める前でした。インタースクール東京校の「プロ速成科」が始まって3か月の頃。

友人は昨年・今年と大きな変化を経験していました。今回訪問して話を聞けて本当によかった。何かの導きってあるのかもしれません。


そして翌日は以前に一度会ったことのある方とゆっくりお話。いろいろと計画があるようです。英語・外国語という関心は共通していても、進む道や進み方は本当に人それぞれ。また会う時にもお互いに報告することがたくさんありそうです。


帰路はいままでいつも御堂筋線で新大阪、それから新幹線でしたので、今回は違う経路にしようとその場で決めました。

JR大阪環状線の「鶴橋」から近鉄特急に乗れるのですね。全席指定の「ビスタカー」。小学生のときに小学館「交通の図鑑」で見て以来です。途中の橿原市のあたり、沿線に古い民家が多く残っているのが見えます。ここはぜひまた来てみなければと思います。

青山高原を越えるあたりは周囲にあるのは林だけ。夜は明かりもないでしょうね。ここを特急が走るのが少し現実離れした感じがします。やがて中川駅に着き、名古屋行きに乗り換えます。山地から抜けていきなり市街地に出た気がしました。

名古屋から浜松くらいまで在来線で動こうかと思いましたが、少し時間がかかりすぎるようなのでまたこんど。次回は豊橋から名鉄で名古屋に行ってみましょう。


阪神高速道路環状線でいつも見ていた中之島に行けました。

f:id:shira-j:20181010212738j:plain

f:id:shira-j:20181010212828j:plain

f:id:shira-j:20181010212924j:plain

2018-10-07 練習せよという声か

業務の打診をいただくのですが、なぜか日が重なります。
「日程がふさがっていて断りのメールを毎日書くのがこの時期の主な業務かしら…」
という話を親しい通訳者諸氏からよく聞きます。

以前から予定していた仕事が客先都合でキャンセルになったりもします(キャンセル料を受けるので助かります)。

そうしてぽっかりと空いた日があったら、ほくほくしたひよこ豆のカレーや野菜と豆の滋味を感じるサンバルを作るのも大切ですが、通訳演習の計画を考える機会でもありますね。

同じ方法で何度も取り組んでみるのもいいし、違った方向から練習してみるのもいい。少し続けるとなんとなく様子がわかるときもあります(そうならないときもあります)。


通訳の訓練について丹埜段さんがまとまった記事を書いていらっしゃいます。

通訳のトレーニングについて、思うことすべて 

 


私の父親は山梨県で育ちました。「ほうとう」は家庭の料理で、肉など食べられなかったのでかぼちゃが入れば上等。「もんじゃ」は東京育ちの祖母が戦後の貧しさを思い出すからと子(私の母)に食べさせませんでした。そうした経緯でこの二つはいまだに店で食べるものではないとなんとなく感じています。

というわけで、人生3回目の外食「ほうとう」(1回目は勤務先の旅行で選択の余地なく。2回目は二輪車で昼食場所を探し求めての果てに)。

よそ行きでちょっと取り澄ましたほうとう、なかなかいいじゃないですか。

f:id:shira-j:20181006223648j:plain

2018-10-04 危なかった…

早めに現場近くのカフェに入って昼食。さて、資料でも確認しておこうと思って業務指示書を見たら集合時間が私が記憶していたよりも1時間早い!

時間ちょうどに間に合いました。危ないところでした。

予定は必ず一次資料(受領したメールや指示書)で確認するようにしましょう。そして日だけではなく月・曜日も。

 


企業勤務時代に何度となく見た光景。地下鉄丸ノ内線の四谷駅。あの一種の endlessness は今はもう感じない。

f:id:shira-j:20181001215030j:plain

2018-10-03 奈落はいつも口を開けて待っている

縁をいただいて同じ客先に複数回通うようになることがあります。

そのおかげで通訳者として生計を立てることができたのが 2014年。

その後そうした機会が増え、現在最高経営陣の会議に定期的に呼んでもらっている世界的大手企業が2社。学術関係で続けて機会をいただいている機関が1つ。

そして最近また繰り返し業務が増えてきました。


これを「いつもの」業務だと思っていては危ない。始まったものはいつかは終わります。

  • 客先の事情で通訳業務が縮小・消滅
  • 通訳者の事情で疎遠になる(報酬面など)
  • 顧客満足度が低下し、交代を告げられる

技能面・顧客満足度の点で他の通訳者に代わられることがあれば、それは相当に大きな赤信号です。

Only the paranoid survive.(Andrew Glove, a co-founder of Intel)


逐次通訳のノート取りのちょっと変わった練習方法を考案して試してみました。いろいろ気づくことがあったので少し続けてみます。


今年も庭のミカンは豊作です。台風でも実は落ちませんでした。3月に大胆に剪定して枝を切り詰め、5月にまたしても大胆に摘果して 1/3 ほど実を落としました。農家の言う通りに効果が出たようです。もぎたての味は違いますよ。

f:id:shira-j:20181002222707j:plain

f:id:shira-j:20181002222744j:plain

2018-10-02 朝のカフェ

電車の混雑を避けるために午前中の業務のときは早めに現場近くに着いてカフェで朝食にしています。現場に早めに行くとなかったはずの資料が出ていたりと、いろいろ良いこともあります。

多くの人に人気のスターバックスにはあまり立ち寄っていないですね。例外は仕事を終えて「ゆずシトラス&ティー」を飲みたくなったとき。横浜シティエアターミナルや福島駅のエスパル店。常磐自動車道の守屋SAの店舗にもよく寄ります。

スターバックスエスプレッソ系(ラテやカプチーノ)の店で、私が飲みたいドリップコーヒーはたいていちょっとアレなので…。

  • コーヒーを飲んで資料を確認したいときの第一候補は「エクセルシオール カフェ」。ドトールの「松」バージョンですね。朝は「ジャンボンハム・レタスサンド」が好きです(ジャンボンはフランス語でハムですねぇ)。主に新橋でお世話になってます。
  • コーヒーが最もまともかなと思うチェーンは「タリーズコーヒー」。朝は丸の内の某店で「厚切りトースト ツナチェダーメルト セット」です。名前が長くて注文のときにいつも困っています。
  • 最近いいなと思いはじめたのが「カフェ・ド・クリエ」。ポッカクリエイトの経営です。マグではなく伝統的なカップで出てくるコーヒーは悪くありません。「トーストサンドモーニング ツナサラダ」にはヨーグルトも付いています。八重洲地下街と西新橋で。
  • 新横浜で仕事のときには「ガスト」です。ドリンクバーでカプチーノを2杯。カロリー多いなと思いつつスクランブルエッグ・ベーコン・ソーセージを食べちゃいます。
  • 埼玉県三郷・西新宿・二子玉川成城学園前では「すき家」で「まぜのっけごはん朝食」。良く思いついたという組み合わせの妙です。百円のコーヒーを出す店舗もありましたが、停止の方針でしょうか…。
  • 赤羽駅ドトールは広くて大好きですが、最近同駅を使う業務がなくて行っていません。


蒲田の「ソルマリ蒲田店」のダルバートにはスクティ(干し肉)が少し付いてきて 1,200円(飲み物つき・税共)とお得感あります。野菜も多くていいですね。

f:id:shira-j:20181001192902j:plain

 

2018-10-01 そんな訳(やく)じゃないんだ

O Freunde, nicht diese Töne!
sondern lasst uns angenehmere anstimmen,
und freudenvollere.

だれもが聞いたことのある文句です。英語にすると
Oh Friends, not these tones!
Rather let us sing more cheerful
and more joyful ones.

ベートーベン 交響曲第9番「合唱」の第四楽章の冒頭のレチタティーボ


通訳者として自分の訳出を振り返るとこの文句を叫びたくなるのです。
「こんな訳(やく)じゃない」
「もっとすばらしい訳を出そうじゃないか」

その「もっとすばらしい訳」がどのようなものかがわからないときもあります。「さっきより少しはまし」というのがわかるときもあります。

一歩でもその方向へ。ロッククライミングで次の手がかりに腕を伸ばすように。

 


ミールスを食べてがんばろう。神田の「アーンドラ・ダバ」。ここのサンバルはかすかに甘い。ジャガリ(ヤシの樹液から作った未精製糖)が入っていると思います。

f:id:shira-j:20180930215457j:plain

f:id:shira-j:20180930215538j:plain