50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2017-11-19 キャリアデザイン

通訳学校に通い始めた 2012年4月。通訳学校の入学時調査票に
「中長期的な目標」
という欄がありました。迷いもなく
「職業通訳者になるため」
と書きました。だって、そのために通学を決心したのですから。


そう書いた人はどうもさほど多くなかったようです。講師からの講評に
「厳しいことを書いたが、それも『職業通訳者をめざす』そうだから」
と注記があったりしました。


日本会議通訳者協会会員の関根マイクさんがアルク社の「通訳・翻訳のトビラ」に「通訳者・関根マイクの業界サバイバルガイド」連載をしています。

第二回目の

フリーランスか、インハウスか

は職業としての通訳を考えるうえでとても参考になると思います。関根さんとは協会の関係で顔を合わせる機会も多いのですが、通訳稼業3年めの私のポンと肩を叩き、
「ま、とりあえずは年収1千万だね!」
と言ってましたねぇ。それでも会社員の年収換算だと6百万円~7百万円相当でしょう(健康保険料・厚生年金保険料の事業主負担分、退職金を現在価値に割り戻した額、その他福利厚生を勘案して)。

 


京浜東北線蒲田駅近くの「ソルマリ蒲田店」でダルバート。骨付き羊のスープカレー、野菜のおかず、ゴルベラコアチャール(トマト・にんにく・岩塩・スパイスのペースト)、豆のスープカレー、鶏のから揚げ。黙々と食べてしまうおいしさ。

f:id:shira-j:20171118223204j:plain

2017-11-17 通訳者になるには

とても良い記事がありました。いままで気づかなかったのがちょっと信じられません。

矢野文宏さんがウェブサイト「みんなの英語ひろば」で公開してくださっている一連の記事はかなり客観性を維持していて参考になることが多いと思います。第一回の記事は

TOEICスコア900点からはじめて通訳になる方法

です。

 


出張先で和の世界に。

f:id:shira-j:20171116212139j:plain

f:id:shira-j:20171116212211j:plain

2017-11-12 すべてが大切

通訳という仕事をしていると普段では縁のない話を聞くことになります。企業の大きな転換点やテレビで盛んに報道される政治の動向、社会的に大きく注目される事件についての業務もでてくることでしょう。

通訳をしながらも胸が躍るような体験や涙をこらえ声が詰まらないように気持ちをしっかり持つ場面もあります。同時通訳のときにはなんとか訳を続けることができても、私の場合逐次訳では相当に心の準備をしないと危ういときが過去に2度ほどありました。


このようないわば「大場面」と呼べそうな通訳は記憶に残りやすい。その一瞬は一度しかない。しかし、そうした場面が特別なのではなく、すべての場面が一度しかなく、それゆえ特別なのだと最近ようやく気づきました。

毎月開かれる会議でもさほど深入りしない商談でも、その場は一度きりでもう二度と再現されることはありません。

そんなこともときには考えながらしっかりと誠実に伝えていこうと思います。


仕事先で紅葉のごほうびが待っていました。

f:id:shira-j:20171111092005j:plain

銀座コリドー街のトルコ料理店「イスタンブール」。おすすめできます。特別な食べ物が出るというわけではないのですが、店内の雰囲気や接客など全体的にとてもくつろげます。

f:id:shira-j:20171111092057j:plain

2017-11-05 通訳のこつ

通訳技能って「結合」(linking)だと思います。高速の結合、high-speed linking。

聞いたことばを自分の中にあることばから選んで表していく。聞いたことのないことば・いままで使ったことのないことばは選びようがない。

聞こえたことばに何か「技」をかけて言語を転換するのとは違うと感じています(単に感じ方・表現のしかたの問題で、私の言う「結合」を「転換」と感じている人もいるはずですが)。


通訳学校の講師をしていますが、最近よく口から出るのが
「できなかったことは今片づけておかないと(復習する等の対処をしないと)一生できませんよ」
という表現。今日聞いた教材や発言には必然性があったのです。聞こえたということは訳す宿命にあったのです。訳すのに問題があったのなら、この場で解決しておかないと将来似たものに出会ったときにまたできないのです。つまり、一生できないで終わる。


菜食定食です。野菜カレーも豆カレーも素朴ながらおいしい。インドのバスターミナルの食堂で食べるとこんな味かな、と想像します。サモサも餡が出来たてらしくてホクホクしていました。厚木市「リトルインディア」

f:id:shira-j:20171104230525j:plain

2017-11-04 通訳を中心に

たまにインド料理を食べたりしますが、生活のかなりの部分は通訳色に塗りこめられています。初めての仕事はフリーランスとして担当した商談会。お客さんやエージェント、他の通訳者のおかげでなんとか3年半続けてきました。年間稼働日数はこんな感じです。

2014年   102日(3月から)
2015年   136日
2016年   151日
2017年   165日(10月まで)

今年の稼働日数は 200日近くになろうかと思います。今年は同時通訳の割合が 35% 程度になりました。


地道に仕事をしているとときどき楽しいこともあります。先日はこのブログで過去にとりあげた通訳者と組む機会がありました。インターネットに公開されていたその方の記事を私が一方的に「発見」して紹介していたので少し不思議な気がします。すっかりうちとけて楽しくお話をさせていただきました。一つ印象に強く残ったのが

練習では自分の苦手なもの・関心の薄いものを取り上げている

というお話。プロはそうあるべきなのでしょうね。

 


朝日が当たるとさらにおいしそうです。毎日もいでいます。数日寝かせるとおいしくなる。

f:id:shira-j:20171103201559j:plain

 

業務の資料が届きます。こんなのがあと2束。この重圧がとても嫌いな人はフリーランスの通訳者には向いていないかも…?

f:id:shira-j:20171103201807j:plain

2017-11-02 そっと放す

いつも興味深く読んでいる「通訳者Mのブログ」の著者Mさんとはよく顔を合わせる機会があります。

難しい同時通訳の素材について先日話をしました。
「次はもっとできるだろうと思って繰り返す」
「ところがある程度で改善が止まり、そこでがんばるとかえって出来が悪くなる」

私もこの経験をときどきしています。
「よし、こんどこそ」
という力みがよくないのでしょうか。それとも、今はこれ以上は無理なので少し間をあけろという脳からの知らせなのでしょうか。あまり類似した刺激を脳に与えすぎると疲労して自己防衛(動きを鈍くする)に回るような気がします。

練習にはある程度の負荷は必要でしょうけど、飽和点に達した兆候があればあまり追い込んでも利益は少ないのかもしれません。

 


風が強かったので地下道を。

f:id:shira-j:20171101184638j:plain

 

少し寒々しいですね。

f:id:shira-j:20171101184726j:plain

2017-10-30 ちょっとへばってました

なんだか忙しい2週間でした。

台風が来るというので自己判断で現場近くに前日から宿泊。これが好判断で、当日の朝最寄り駅の鉄道は止まってました。会社員と違って鉄道会社の遅延証明を出せばよいというものではありません。ここが業務請負のちょっと厳しいところ。

いろいろと心労のある現場で週が始まり、その後には遠距離が待っていました。最近は鉄道各線の相互乗り入れが多くなり、南栗橋(埼玉県久喜市)を出た電車が中央林間(神奈川県大和市)まで走ったり、高崎から小田原まで、宇都宮から久里浜(神奈川県横須賀市)までといった中距離運航が普通になりました。

そんな電車を使って片道2時間を超える現場に4回、長時間ずっと立っている仕事に2回、資料の厚さが 5cm ほどもある会社を2回(別件)。

さらに自らの不注意で南インド料理を調子に乗って食べ過ぎておなかの具合がいまひとつ。週末の通訳学校講師を無事に終えて本当に安堵しました。

体調はいまひとつでしたが、仕事に支障がなかったのは幸いでした。過去の学習から少しは用心深くなったのかもしれません。


この歳になると電車に乗って移動するだけでもじわっと疲労が生じるのですね。そしていつものことながら
「初めての場所・初めての人・初めての内容」
という仕事の精神的重圧も疲れにつながります。対処としては
「疲れる前に休め」
しかありませんね。疲れてしまってからでは回復が難しい。


ブログ「通訳 清原の日記」の清原さんもいろいろとお疲れのようです…。
南武線 止まる
千代田線 止まる

 


ここは横浜…

f:id:shira-j:20171029200516j:plain

 

前年の剪定と春の摘果とがうまくいったようです。大豊作。

f:id:shira-j:20171029200714j:plain  f:id:shira-j:20171029200759j:plain