50歳で始めた通訳訓練

通訳者のブログ。会社員からフリーランス通訳者に転身。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2020-07-01 重圧のある逐次も

コロナウイルス流行で仕事が減っています。そして少なくなった業務の内容も影響を受けているというお話です。


過去数年間の全業務に対する同時通訳の割合は以下のようになりました。

2017年 37%
2018年 60%
2019年 70%

そして、今年 2020年の1~6月は 86% です。

来日者がほぼ皆無になったので視察や商談、工程の打合せといった仕事も減ったためでしょうね。

そんなときに改まった席の逐次を担当すると背筋が伸びる感じがするものです。通訳を使う日本語話者が英米の大学院を修了していたり日英両言語を使う生活をしていた(している)ということも最近では珍しくありません。理想を言えばそうした方々にも
「やはり職業通訳者だ。この訳なら私の意図のとおりだ」
と思ってほしい。

実際はほとんどそういうことはないのですが…。


地味なものはおいしい、の代表かも。白玉だんごと煮る前のひよこ豆

f:id:shira-j:20200630213739j:plain