50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2017-10-18 幸運だった話(2)

ありがたい出会いにより背中を押してくれた3人のおかげもあってインタースクールの会議通訳本科では順調に半期ごとに進級しました。

そして通学2年後に次の幸運が不思議な扉を開けます。

その年、2014年4月期に「プロ速成科」(専属通訳者養成コースの前身)が新設されました。講師の Z さんが
「気になるならなぜ学校の教務担当に尋ねてみないのか」
と夢の中で呼びかけた気がして、設立の趣旨を聞き、入学試験を受けて受講を許されました。


この強運にも驚くばかりです。通学2年目を過ぎ、学校の様子がわかった時点での開講。それに受講者はすばらしい人ばかり。その後も通訳者の仲間は増えるのですが、このとき共に学んだ仲間は私にとってちょっと特別ですね。

 


日替わりカレーに「ナス」があったので迷わず注文です。この店はインド人が調理しているので素材の良さを引き出していました。茄子とたまねぎだけでこんなにおいしい。小田急代々木八幡駅近くの「バルティー」です。会社に勤務していたころ、この近くのベトナム大使館で契約書の認証を受けるときに立ち寄って以来。懐かしい店です。隣のテーブルにはベトナム人が…。

f:id:shira-j:20171017225538j:plain

カメラの撮影モードを「料理」にすると食紅の赤が強く出すぎますね。