50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2017-06-07 授業で燃えてます

通訳学校の講師を引き受けるときには
「まあ、なにごとも試してみるまで」
「せっかくのお話だからありがたく請けよう」
という気持ちでした。

4月の後半から9月の前半まで全18回の授業の3分の1まで進んだところです。

自分でも予想しなかったほど熱が入ります。いろいろと試したいことが湧き出てきますし、伝えたいこともたくさんあります。

ここで注意すべきは
「授業の主体である受講者を第一に」
ということでしょうね。受講者が実力をつけるのが目的であって、講師は自らが通訳者という手本を示しつつもこの目的に仕える下僕であるべきでしょう。もっともこの下僕、いろいろとウルサイし(Alas, he is opinioneted.)要求も高い。

他のどこにもない、後になって思い出すとすばらしい5か月にしていきたいと思います。

 


神奈川県綾瀬市スリランカレストラン「ロイヤルグリーン」。
長粒種米を使っているようです(バスマティではなさそう)。この店ではポルサンボルを軽く炒めて出すのだそうです。

f:id:shira-j:20170605181932j:plain