50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2017-03-28 記事紹介--学習方法(2)

昨日紹介した記事には英語(通訳のB言語、すなわち通訳者の母語ではない言語)についての記述がありませんでした。

アルク社のサイト「翻訳通訳のトビラ」にインタースクールの平井聖一さんが書いた記事が参考になると思います(平井節が炸裂しています…)。

確かな目標と強い覚悟を持って
取り組んでください
今、求められているのは
高い要求に応えられる通訳技術 

 

私たちに通訳を依頼する企業や官公庁の方たちの多くは高度な語学力の持ち主です。

という記述がありますが、これは経験わずか3年の私でも何度も経験しました。出席する日本人のほとんどが英米加豪の大学で学位を取っていたということも珍しくありません。会議運営の事務局の方が小学校~高校まで米国で育っているという場面もありました。

そのような場面で
「やはりプロの通訳者を入れてよかったね(高かったけど)」
と言っていただかないと、次はありません…。

 


雨の後

f:id:shira-j:20170327200244j:plain

f:id:shira-j:20170327200315j:plain