50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2017-01-27 Endlessness that you fear

数日間自宅から通う通訳が終了しました。通勤時間はかなり長く、寒い駅で電車やバスを待つのは少し大変でしたが、
「あとX日で終わる」
という心の支えの働きは大きいですね。

Sarah McLachlan の Angel という曲の一節を思い出します。

and the endlessness that you fear

通訳者は業務が終わる頃に内容や顧客のことに慣れてきて通訳の質が上り調子になっています。このパラドックスを感じつつも、始まりと終わりとが明確なのは自分に合っているなあ、と思います。終わりが決まっているからこそ初日から、いや、最初の一言から最高の通訳を提供したい。そのために何ができるか。

 

Sarah McLachlanSweet Surrender も耳に残る曲です。