読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳で始めた通訳訓練

昔からの相棒「英語」を使いたい思いに偶然も重なって一念発起。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2016-12-25 なぜ南アジア料理なのか

ランチ

通訳者仲間の忘年会に参加してきました。

このブログを読んでいる外国在住の方とお会いしたり、私が通訳者を志すにあたり様々な影響を受けた通訳者が飛び入りで参加したりと意外性もある楽しい会でした。


このブログに

なぜインド料理の写真が多いのか

という質問を(再び)いただきました。

よろしければこちらの過去記事をご覧ください。

2015-01-26 南インド部活動

現在は北インド・ネパール・スリランカの料理も含めて「南アジア料理部」と自称しています。


神田のアーンドラダバでの昼食。菜食ミールスです。

f:id:shira-j:20161224104927j:plain

最後にご飯にプレーンヨーグルト(時計の3時方向)を混ぜ、ピックル(漬物・9時)とラッサム(酸っぱくて辛いスープ・11時)でさっぱりと終えます。

ご飯・ラッサム・サンバル(豆と野菜のおだやなかスープカレー・9時)はおかわりしましょう。この日のデザート(パヤッサム・5時)にはカルダモンが丸ごと入っていてさわやか。