読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2016-11-20 通訳学校で教えてもらっていないこと--確認

逐次通訳で話者の話をうまく聞き取れなかったときはどうしましょう。

時と場合とによりますが、第一の選択肢は
「聞いちゃう」
ですね。

ただ、
「いまのところ、もう一度お願いします」
では芸がありません。

以前にどなたかに教えてもらったのですが(忘れてしまって申し訳ありません)、こんな聞き方なら状況を救う可能性がある程度は高まります。
「いまのところ、大切な部分ですので、確認させてください」


「あなたの言ったことがわからない」
という否定的な感触より、
「あなたの言ったことは大切だ」
という正の評価の感触を届けることができる点で優れていると思います。

通訳者が聞き取りにくいときにはたいてい話者の論理が複雑だったり不明確だったりするので、話者もわかりやすく言い直してくれる可能性があります。

 


インド出張で食べた本場インドのレストラン料理は北部のものも南部のものも日本で食べるのとまったく同じでした。日本のインド料理の水準は高いと感じます。

ただ、外食向けの料理はどうしても効果(一口目で「うまい」と言わせる)を狙うために味は濃く、油が多いのは万国共通でしょう。土地のものをおいしく食べる工夫が詰まった郷土料理や家庭料理をいつかインドで食べてみたいものです。


西新橋のマンダップは 2016-11-30 の営業を最後に閉店します。来年に神奈川県相模原市の農業施設「モナの丘」で新たに店を出すそうです。

マンダップで食べるのはこれが最後かもしれません。

f:id:shira-j:20161119214049j:plain