読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳で始めた通訳訓練

昔からの相棒「英語」を使いたい思いに偶然も重なって一念発起。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2016-11-03 偶然

通訳

急に気温が下がってきました。夏物のスーツを着る日はほとんどなかった気がします。盛夏の間に伺った客先の多くは「クールビズ」で上着なしのところが主でした。これは近年の日本の気候を考えると合理的ですね。そして急に肌寒くなり、シャツ姿から一気に冬物に移行しそうです。


ある日のこと、風呂に入りながら
「最近▲▲の仕事がないなあ。お見限りかなあ」
と、以前に何度も通った顧客のことを思い出しました。この顧客からは私が企業勤務時代に経験したことを活かせる機会を数多くいただき、大きく育ててもらった気がします。

その翌日、以前に引き合いのあった業務がキャンセルとなり、その代わりにとエージェントがあてがってくれたのが湯船で思い出した客先でした。

不思議なこともあるものです。


近所にあったインド人経営のインドレストランが閉店してしまいました。家族で支え合っている、雰囲気の良い店だったのですが…。商売では柔軟で気配りの細かいネパール人にどうしても遅れをとってしまうようです。いつのまにか私が使う鉄道沿線には1駅に2つずつ(!)ネパール人経営のインド料理店ができています。

ネパール人の店の特徴として:
・ヒマラヤの写真が飾ってある
・ネパールのビールを置いている
・メニューにネパール版小籠包「モモ」があったりする
・ナンは柔らかく、甘く、やたら大きい(日本人が歓声を上げるので学習する)
・カレーにはよく白いクリームの渦巻き模様がある
・外の看板には「本場インドの味」と書いてある

こうした店の料理もおいしいのですが(日本人が作るイタリア料理だっておいしいですからね)、インド人の店ではやはり家庭の味や伝統料理が底にあるようで、それが魅力です。

先日ようやく行動半径内に1軒インド人経営らしい店を発見。横浜市神奈川区入江の「RAJ」です。接客も良く、手堅い料理を安価に提供しています。横浜線「大口」または京浜東北線京浜急行線「新子安」から徒歩6~8分。持ち帰り用サモサも売ってます。

f:id:shira-j:20161102192014j:plain

がんばれ京急

f:id:shira-j:20161102192052j:plain