読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2016-09-12 日本通訳フォーラム 大盛況

日本会議通訳者協会主催、イカロス出版後援・アルク後援の
日本通訳フォーラム2016が盛況のうちに終了しました。

日本国内からは北海道・沖縄、国外からの参加もありました。

事後のアンケートでも大変満足度が高かったことがうかがえたそうです。

すばらしいのは「くちこみ」で入会の申し込みが相次いでいるとのこと。

今年は私も実行委員(実態は「追い回し」)としてかかわりましたのでうれしいですね。

当日は午前の司会進行を担当しました。黄色のポロシャツを着た長身の男性を会場で見かけたなら、それが私です。事前打ち合わせで現場担当者はポロシャツを着ようという話が出たのですが、他の議事で多忙で正式決定はされませんでした。週末ですし、暑い季節。遠来の訪問者もいらっしゃいますから、地の利のある主催側がネクタイにジャケットでは行事の趣旨にそぐわないように考えました。


通訳を業として始めて2年半が過ぎました。それまでの企業勤務の経験からも、技能を使う仕事では3年でようやっと様子がわかり、10年くらいして足場がなんとか固まるくらいではないかと思います。

ひよっこで他に学習することはたくさんあります。それなのになぜこうした団体・行事に首を突っ込むかというと、やはり人生の残り時間を考えるからでしょうね。これからいろいろ経験をしていくのですが、その密度は高くする必要があるように思います。他の人が10年かけてわかることに、私は同じ10年をかける贅沢は許されていないように思います。

他の通訳者・通訳エージェント・通訳の顧客と濃密にやりとりができる上で通訳フォーラムの運営にかかわったのは非常に役に立ちました。さまざまな経験の「濃縮ジュース」です。