読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳で始めた通訳訓練

昔からの相棒「英語」を使いたい思いに偶然も重なって一念発起。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2016-07-18 南アジア料理部 首都圏課

ランチ

南アジア料理を食べよう、というゆるーい活動が通訳者仲間で続いています。インド料理、パキスタン料理、ネパール料理、スリランカ料理など。

割安のランチセットでおなじみの
「カレーのちナン、ところによりタンドーリチキン、辛さの指定をおわすれなく」
に対する反動といった意味合いもありました。インド国内でも料理の区分はおそらく何十・何百とあるでしょう。山を越え、川を渡れば言葉も食べ物も違う。

まず気になったのが南インドの料理でした。
2015-01-26 南インド部活動

2015-02-28 通訳者にミールスを(南インド部 発展は順調)


その後、首都圏でいろいろと食べて回るたのもしい部員が登場。最近は名実ともに副部長です。先日はネパールの定食「ダルバート」を連続して食べてその姿をとらえようとしていらっしゃいます。報告をいただきました(写真掲載許諾済)。

f:id:shira-j:20160716112108j:plain

大田区にある「タカリバンチャ」の新橋支店「タカリバンチャ新橋店」です。羊カレーと鶏カレーとが出るぜいたくなダルバート(手前)とディロセット(奥)ですね。独特のスパイスと肉のうまみを生かしたスープ状のカレーがおいしい店です。副部長は以前同店でダルバートを指で食べていたところ隣のネパール人に声を掛けられていました。そう、指食べは会話のきっかけになり、数量が少なくてメニューに載せられない食材をそっと食べさせてもらえるパスポートにもなります…。