読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳で始めた通訳訓練

昔からの相棒「英語」を使いたい思いに偶然も重なって一念発起。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2016-05-14 指食べの危機か

ランチ

某南インド料理店にインド人が15人ほど入ってきました。

さりげなーく観察…。

なんと。みなさん(やや不器用に)スプーンとフォークとで食べています。白髪の男女から20代らしき女性まで全員。

その横で指で食べている私の立場はどうなるわけさ?


支払の際に店員さんに尋ねました。
「みなさん、北インドの方?」
「いいえ、バンガロール(南部4州のひとつカルナータカ州の都市)からお見えでした」


インド映画ではスプーンで食べる人・指で食べる人が混在していましたが、最近の都市労働者は外食の際には食器を使うようです。あるいは日本だから気を使ったのかもしれません。

私が指を使っているのを気に留める人も皆無でした。内心
「不器用なヤツだ。日本は箸の国だからスプーンを使えないのか?」
と思っていたかもしれません。

 

ドーナツみたいなのがワダ(vada)です。ウラド豆の粉が主体の種を油で揚げます。サンバル(sambar)という野菜・豆のカレーに浸すと天国級のおいしさです。

f:id:shira-j:20160513211724j:plain