50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2016-04-05 「それ、絶対にいい」

会社員から通訳者に転身(というか転進)するとき、信頼できる人にも意見を聞いてみました。

当時の勤務先の人は
「いいんじゃないか」
「でも、勉強も商売として軌道に乗せるのも難しいんだろうね」
「いい歳して、だいじょうぶなのか」
という反応が中心。

いっぽう、自分で事業を始めて企業の代表になっている2人は共に
「それ、絶対にいい」
「Shira さんなら全く問題ないでしょう」
という、とても積極的な意見でした。


自分で事業を始め、社員を雇い、顧客をしっかりとつかんでいく重圧はたいへんなものだろうと思います。それでもこの2人が起業を選んだのは、やはりその道が呼んだから、そうするしかなかったからなのだろうと思います。そんな人は「したいことをする」「リスクを取る」という感覚が会社員と少し違うのかもしれません。


最近その事業主さんの1人に会って話をしましたが、
「私も無責任なことは言えないと思いました。慎重に見積もってもたぶん大丈夫だろうから背中を押したんです」
とのことでした。


いま振り返ると、この2人(1人は専門サービス業、もう1人は物品販売業)の声はずっと私を支えてきてくれた気がします。ありがとうございます。

 

春は急に来て、すぐに去っていきます。

f:id:shira-j:20160404215521j:plain