読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2016-03-10 危機一髪

ひやり としました。通訳者人生最大の危機。

昼から夜の会食まで8時間立ち続けの仕事でした。

順調に終わってほっと一息。仲間に別れを告げ、電車で帰宅の途に就きます。


事件は横浜駅ドトールで起こりました。

熱いコーヒーで一息。立ち続けだったのでじんわり幸せな気分になります。さて、帰ろうと席を立とうとした瞬間…

腰に ぎーん! と痛みが…。

(あ、これは危ない)
と腰をかばってそろそろと立ちます。ドトールの小さな腰掛けに縮こまって座っていたのが悪かった。明日も仕事です。どうしよう。

おっかなびっくり歩いて電車を乗り換え、自宅最寄りの駅に着くときには症状は消えました。ほっ…。


まだまだ若いつもりですが、視力や腰など、油断すると容赦なく警告を発してくる年齢になったのですね。通訳を志すなら若いうちです。高所に登ったり真夏に防護服を着たり冬の夜に夜勤をしたり。人がいて話をするところに通訳あり、です。狭い飛行機に座り続けてすぐにホテルの会議室に缶詰とか。同時通訳ブースだって狭くて動きがなくてけっこう危険。

みなさんもご自身そしてご家族の健康には十分ご留意されますよう。

 

駅までの道からサギが見えますよ。河津桜も咲きました。

f:id:shira-j:20160309230026j:plain

f:id:shira-j:20160309230049j:plain