50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2016-01-13 録音教材

インタースクールのプロ速成科(現在のプロ選抜科)で配布した教材を使って練習しています。使わなかった教材があるので、まずはそれから。

著作権や守秘などさまざまな制約がある中、かなり良い録音が多いと今になって思います。教材作成・選定の担当者は苦労が多いでしょうね。ありがたいことです。

インタースクールに限らず、通訳科の授業で使い終わった教材を廉価で分けてくれないものかと思います。数字の練習教材も折に触れ復習が必要ですし…。「卒業生サービス」として考えてくれないかなあ…。


今年はIR関連の仕事も担当したいので、練習用に YouTube から投資家向けの決算発表を録音しました。YouTube 動画の音声をファイルにしてダウンロードするサイトもあるのですが、アップロードの際にダウンロードを許可しない設定があるようで、日本企業の決算発表はたいてい保護がかかっています。しかたがないので食事や買い物の前に録音を仕掛けて終わるまで放置。運よく大手製造業の「コテコテの」日本的な音声を録音できました。企業勤務経験がないと日本人でも意味がわからない箇所もありそうです(いわゆる「企業のおじさん語」)。