50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2015-12-26 通訳者はどう世に出るのか

心のこもった記事がありますのでご紹介しておきます。折に触れて再読すると以前に見落としていたことに気づきます。

まぶさんのブログ「通訳物語」から
通訳 仕事の見つけ方
通訳 仕事の見つけ方 登録編

 

日本翻訳ジャーナル 連載コラムから
フリーランス通訳への道●小熊弥生

 ▼
小熊さんの記事にある

常に勉強することが求められますので、受験勉強を毎日していても苦にならない人が一番向いているなと思います。
(中略)
(通訳学校で)優等生でもともと読書量も多かったと思われる方が抜きん出たパフォーマンスを発揮していました。

というのは私も周囲の優秀な仲間を見て常々感じています。人について「要領が良い」というとややマイナスの意味で使われることも多いのですが、通訳者にとって「要領の良さ」は欠かせません。通訳をするその日その時には最短の準備で技術者に・医師に・大学教授に・政治家に・企業幹部に・ツアーコンダクターに成り代わって話す必要があるのです。