50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2015-12-17 ひとり反省会

「ひとり反省会」という表現は大変お世話になっている講師から聞いたのですが、Google で調べてみるとかなり広く使われているようです。

仕事の直後は記憶も新鮮なので、ここで課題を洗い出しておくのはとても有効だと思います。うまくいかなかったこと・要改善点だけではなく、うまくいったことも改めて認識しておくといいようです。


最近の課題は

  • 話者の語る内容にさらに忠実に(どんな発言にも意図があり、魂が宿っているのだから)
  • 柔らかく余裕のある語りで訳出(今はちょっと硬い感じがする)

といったところでしょうか。最近ちょっと良かったことは

  • 少し苦しくなっても勢いを失わずに文を完結する癖がついてきた
  • 話者が笑いを取りにいったところできちんと笑わせた

ことかな。気が付いたら「非文」(文章になっていない)だった・文法的に誤っていたということは避けていきたいですね。