50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2015-10-01 事業計画

2015年9月の記帳を済ませて損益計算書を見たら、1~9月で純利益が昨年(2014年)通年(1~12月)をわずかに上回りました。昨年は初仕事が3月でしたから実質稼働月数は10か月。1年分の通訳学校授業料を支払って学校に通っていました。授業料を除くと1か月あたりの利益は昨年のほうが多かったことになります。

稼働日数は9月末で昨年通年とほぼ同じです。

数字だけを見ると昨年から進歩がないかのようです。この理由は簡単で、昨年は出張手当を伴う業務が多かったのです。

今年になって出張手当への依存度が下がり、狭義の通訳報酬が増えたのは正常進化といえそうです。10~12月の予定も入ってきていますので、年次決算では昨年を上回る見込みです(そうではないと困る)。そろそろ来年の計画を考えていかないと。

数値目標は掲げるにしても、さらに重要なのは通訳業務の質と量ですね。仕事を始めたばかりなので、質はほぼ量に付随してきます(量質転化)。多くこなすと質的な経験も増す。もうしばらく
「なんでも請け負う」
という方針を続けようと考えています。