50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2015-09-19 課題を少しずつ解決

2015-06-13 仲間との話で気づく でこんなことを書きました。

この点で私の訳出は少々「我が強い」ものになっていたようです。つまり、聞く側からすると
原発言者の話を聞き、
・次に別のスピーカーである通訳者の話を聞く
ような体験になっている。 

 この癖を隠すように意識してきましたが、かなり身についてきた気がします。先日の通訳では「話者のかかとを踏むつもりで」「さらりと」訳出できた回数が多くなっていました。

「こんなふうに訳出しよう」
と考えていると、それが負担になって通訳を難しくしてしまいます。自転車に乗るのに
「右足でペダルを踏み下げたから、次は左足で」
などとは考えていませんね。

繰り返し練習して自家薬籠に入れる必要があります。