50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2014-07-12 携帯再生機器(MP3プレーヤ)

携帯音楽プレーヤは言語学習者の友ですね。

何かの参考になれば幸いです。

1.音楽プレーヤ
ソニーウォークマンを使っています。語学学習モードが便利です。
 ・区間リピート(操作が簡単です)
 ・クイックリピート(3秒戻ります)
音質が良く、発音の特色がよくわかります。

2.イヤフォン
高品質のものだと英語音声の特徴がはっきり聞こえます。地下鉄の中でも音量を上げずに済むよう、遮音性を重視しました。産業用耳栓から派生した「3段フランジ型イヤーパッド」が最も効果的でしょうね。

外耳の奥までぐりぐりとねじ込むので、かなりの異物感があります。
「どうしてもだめ」
という人もいます。私も慣れるまで半年かかりました。既製の大きさが合わないときにはナイフで加工して調整すると良いようです。

3段フランジに不安を感じず、長持ちするものをお探しの場合には Etymotic Research ER-4 シリーズはおすすめです。端的に言って「緻密・繊細な音」がします。鼻腔での共鳴や歯や舌に当たる気流の音まで聞こえてきます。

ER-4 シリーズはかなり高価なのですが、ケーブルが断線しづらいので長く使えます(手荒に使うと本体が折れますが)。

ER-6 は安価で音質も外国語音声を聞くには十分ですが、ドライバユニット(本体)からのケーブル取り出し部分が弱く、数ヶ月で断線してしまいました。室内で使うなら良いかもしれません。

hf-5 は高音質ですが、ケーブル被覆に柔らかい素材を使っているので、きつく巻き取っては伸ばす、といった使い方をすると被覆が割れてきます。持ち歩いて使ったところ2年で断線しました。現在の製品は被覆の素材にケブラー(Kevlar)を用いて改良されているようです。


3段フランジ型イヤーパッドを後付けできる Shure の SE215 もいいですね。比較的安価ながら高音質です。異物感に耐えられなければやわらかい材料のイヤーパッドに戻せば良いので…。


イヤフォンを選ぶときには
・同一品番内の展開(例: ER-4 シリーズには S、P、B、PT の4種)
・ケーブルの長さ
・色
にご注意。


Shure SE215-K-J(黒)を希望者にお譲りします。新品同様。詳細はメールにて。