50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2014-05-29 3回目

同じ顧客・同じ通訳業務で三度目の依頼をいただきました。少なくとも嫌われてはいないようですね。

古来「3」という数はいろいろと取り上げられています。
・三日坊主
・石の上にも三年
・三人寄れば文殊の知恵
・三度目の正直
・仏の顔も三度

仕事だと、気の緩みや慣れによる危険が口を開けて待っている頃かもしれません。いつも
「今回が過去最高」
というつもりで取り組むことにします。