50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2014-01-30 幽体離脱・Chemical elements

通訳をしている自分を客観的に見る・感じる。

これは大切な気がします。聞き手を安心させる声が出ているか。謎を解こうとしているような印象を与えないか。ノート取りが書き取り試験みたいになっていないか。

同時通訳でも聞いている自分と話している自分とがちょっと切り離されたような感じが良いのかもしれません。この感覚はごくたまに訪れますが、淡い雪のように、あるいは立体写真の像のようにふっと逃れていきます。


BBC World Service の Business Daily で「元素を通して世界経済を見る」というシリーズを放送しています。ヘリウム、リン、金などを扱ってきて、先週は炭素です。このシリーズは同時通訳の練習材料として都合が良いと思っています。
・ゲストとのやりとりが中心なので、猛スピードの原稿読みではない
・内容はかなり一般的で展開の予測ができる
・理科の話なので、聴取者を飽きさせないよう1つの話題が短め

Business Daily