50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2014-01-27 けっこう猛練習…

インタースクールでの授業がこのところ数週なかなか「燃えて」ます。

一息入れる時間がなく、受講者を容赦なく追い立てるが如く進みます。終わるとほっとすると共に充実感が…。

資料の効率的な読み方や用語の解釈など、役に立つ知識も織り交ぜて進みます。

IR通訳の授業では原発言者の
「本当の本当の意図」
を解き明かしてくれる説明が相次ぎ、復習が楽しみです。専門的な内容だと講師の助けなしにはちょっと読み解けないことがありますね。


講師の尽力もさることながら、受講者の努力もクラスの推進力を生む役割を担っています。
「何としてでも食らいついて訳す」
という気力が伝わってくることが多いのです。これは学習を続ける上で大きな後押しになります。この恩に報いるため、私からもこうした気力を発信したいものです。