50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2014-01-05 The Economist 隅から隅まで

印刷版を定期購読してる The Economist が年末年始日程で1週配送がありません。昨年末の2冊を交代に読んできましたが、ついに全記事制覇!

いつもは7割くらいですね…。

英国国内の記事は日本の読者には直接関係がないようで実はけっこう参考になることが多いのが新発見でした。同紙が現在好き(?)な話題は移民政策と Heathrow 空港の拡張・移転問題ですね。

BBCの報道番組(World Business Report や Business Daily 、World Update)が扱う内容もよく登場して、Economsit は BBC と組んでいるのか?と思うときもあります。

社会保障制度や税制、金融、産業政策などは異なる国の事情を知ると異なる視点で理解が深まります。週刊ながら情報の鮮度は日本の日刊新聞より上かもしれないと感じることも多いですね。

ガンコさ故にときどき大ボケかましたりしておちゃめな一面もあるのも意外と楽しめます。日本の読者には The Economist 教の信者みたいな方もいるようですが、一つの老舗マスコミとして批判的に読むとおもしろいですよ。