50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2013-09-14 おすすめできそうな短期講座

インタースクール東京校が短期講座「英語実践力養成講座」を開講します。

私は同校の回し者ではありませんし、ひいきの引き倒しは避けなければいけないのですが、この講座からは「役立つにおい」が漂ってきます。

「英語を聞いて『わかる』って、どんなことか」
「仕事で使える英語力とはどのようなものか」
という様子を知る一助になるだろうな、と感じます。

通訳訓練の手法も使いますが、これは
「英語を聞き取って本当に理解できているかを客観的に測定するには、(残念ながら)母語である日本語で表現してもらうより他に適当な手段がない」
ということも一つの理由なのでしょう。

「英語で聞いて、英語で考えて、英語で話す」
ことが大切だと主張する学校・教材は数多いのですが、会話で100% きっちりと話の内容がわかっているとは限らないんですね。実際のところは話の半分もわかっていれば会話はどんどん進みます。気楽なおしゃべりでも、会社の会議でも。人間は自分の聞きたいことだけ聞いて話したいことだけ話しています。
「え? そんなこと言ってたっけ?」
「ちがうよ、私が言ってたのはそうじゃなくてこうだよ」
ということだらけですから…。

TOEIC講座・英検講座などではうかがい知ることができない、
「しっかりとした英語理解力とはどのようなものか」
の理解のためには参加しても損はないかな、と思います。ただし、あくまで自己判断にてお願いします。受講して
「良くなかった。Shira のウソツキ。金返せ」
と言われても応じかねますのでご容赦願います。刺身ランチかパスタランチならごちそうしますので、それで許してください。

他の学校には通ったことがないので詳細はわかりませんが、サイマルアカデミーやアイ・エス・エス・インスティテュート、その他の教育機関も学期の合間なので各種短期講座があると思います。
「学校ってどんなところなんだろう」
と思っているようでしたら、参加してみるのが早道かもしれません。