50歳で始めた通訳訓練

会社員からフリーランス通訳者に転身。同時通訳ブースに入り、通訳学校の講師に。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2013-03-11 遊び回りました

通訳養成機関の学期が終わった開放感もあり、少々出歩いていました。
・中国語学習仲間と東京で南インド料理を食べ、
・昔からのブログ友達に初めて会うことができ、新宿区四谷名物「フクナガフルーツパーラー」のパフェを食べ、
・興味深い歴史の街 荒木町 を散歩して、
・中国語学習仲間との集会(名古屋開催)に出ました。

名古屋には九州や三重からも参加者があったので、ここでお会いしておかないと次がいつになるかわからないという言い訳で…。


国語学習仲間と楽しく過ごすうち、せっかくだから中国語で話そうということになりました。ここで驚いたのが聞くとよくわかるのに口から中国語が出てこない!

北京語言大学の試験部門が開発した準国家試験 C.TEST の面接試験でB級(S-A-B-C-D-E-F)を取得したのですが…。

わずか1年間練習しなかっただけで話せなくなるのですね。

英語の場合、中国語の学習に集中していた6年間のブランクがあっても通訳学校に入学可能なくらい「残って」いたのが不思議です。

学習した時の年齢や接していた時間の合計が物を言うのかもしれません。

学習者のみなさん、学習は継続が大切ですよ~。太く長く。