50歳で始めた通訳訓練

通訳者のブログ。会社員からフリーランス通訳者に転身。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

通訳

2019-05-15 読み違い

策士策に溺れるお話です。 複数の会社で経営幹部の会議で定期的に仕事をしています。この分野の仕事を始めたのは通っていたインタースクールの母体の通訳派遣会社のおかげ。 企業活動の川上から川下、研究開発から設計・製造・販売、管理部門までなんでも出…

2019-05-10 逃したりやってきたり

少し長い目も必要だというお話です。 照会を受けたときにときどき「これはぜひ経験したい」という仕事があります。 仕事はすべて大切ですが、その中にも少し特別なものがあるのも事実かと思います。 何が特別かは人によって異なることでしょう。大会議場で国…

2019-05-06 空前の

通訳者として世に出る機会のお話です。 社内通訳者としての経験が全くないまま2014年3月に初めて通訳の仕事をしました。通訳学校での在籍が2年になったときです(その後1年通って修了しました)。 それ以来2年間は生計を立てるに足りるほどの報酬はありま…

2019-05-03 コア売上

売上の把握についてのお話です。 多くの企業が財務会計の売上や利益と別に内部管理用の指標を使っています。よく見かけるのが「コア利益」という概念。財務会計上の営業利益や経常利益から特定の項目を除外する場合が多いようです(事業税や特例による償却費…

2019-04-30 直接契約の顧客

エージェント経由ではない通訳業務、いわゆる「直請け」のお話です。 顧客との出会いは実にいろいろで、通訳者の数だけ縁があるといってもよさそうです。今まで見聞きした類型を記してみます。 以前に社内通訳者をしていて、フリーランスになってからもその…

2019-04-28 通訳報酬の推移

通訳業を始めたときの初年度売上は微々たるものでした。それ以降上下動はありながらもゆるやかに上昇を続け、開業3年後からかなりしっかりとした足取りで推移するようになりました。 特別な事情(技能が卓越している・高報酬を払う顧客と特別な関係にある、…

2019-04-23 客先別業務量

引き合いを受けた業務は日程が空いていれば先着順で引き受けています。計算も駆け引きもありません。私なりの現在での「商人の道」です。私の通訳業務形態は(いまのところ)予約が殺到するレストランではなく、町の食堂なのです。お客さんには来てくれた順…

2019-04-22 フリーランスさまざま

フリーランス通訳者といっても、仕事のしかたにはいろいろあります。 大手通訳エージェンシーからのみ仕事を請け負い、日程管理もほとんどエージェンシーが行う。 エージェンシー数社に登録し、ある程度仕事を選びながら仕事をする。 エージェンシーからの仕…

2019-04-17 出る杭は伸ばそう

日本会議通訳者協会が主催する JACI同時通訳グランプリ2018 でみごとグランプリ(最優秀賞)を勝ち取られた石井悠太さんがイカロス出版の「通訳翻訳WEB」で紹介されています。 スキルを活かして活躍中!「JACI同時通訳グランプリ」受賞者INTERVIEW 今年もグ…

2019-04-15 出張もいろいろ

今年もいろいろと出かけていましたが、先月までは宿泊を伴うものでは滞在地が一か所でした。今月になって今年初めて顧客と移動する業務となりました。幸い移動の前後に時間的ゆとりがあって助かります。晴天にも恵まれ、長距離移動のある業務でも精神的に追…

2019-04-07 忠実な通訳(1)

知ったような顔をして「通訳は『何も引かず・足さず・曲げず』ですよ」と言っているだけではこの仕事の職業倫理と生活の糧としての考え方がなかなかわからないのではないでしょうか。 いろいろな状況が起こりえます。 二国の閣僚が記者会見を終え、レセプシ…

2019-04-02 出張の周期

4月は出張が続きます。最近続いている埼玉県の現場に始まり、神奈川県西部、日本海沿岸北部、日本海沿岸西部、東北の予定です。疲れをうまく解消しながら対処したいと思います。 出張の日程が増えたのでそれに押されて都内のおなじみの現場に出る回数が少な…

2019-04-01 消費税の問題

フリーランス通訳者・翻訳者として報酬を受けると消費税法上の課税売上になります(注1)。この制度には年間課税売上が1千万円までは免税事業者になるという問題点があります。エージェントや顧客は通訳者に消費税を加算して支払うのですが、通訳者が免税…

2019-03-29 仲間意識 Kameradschaft

以前にたびたび北関東の産業施設でご一緒した通訳者と東京の超高層ビルにある現場で組みました。全く違う雰囲気の場所で再会するとなんだか不思議な気がします。 その日は3人体制だったのでもう1人とも待ち合わせ。初めて会う通訳者ですがいろいろと話がは…

2019-03-22 ひっくりかえるような変化

変化には一度に起きる大きなものもあれば少しずつ進んで気が付くとずいぶん遠くまで、というものもあります。 人間はなかなか変化を当然のこととして受け入れられないようにできているようです。変化が起こり、それに慣れると新しい状態を当然と感じていくの…

2019-03-17 山あり谷あり

さえない日もありました。目指すべき地下鉄の駅を思い違っていて遠回りしてなんとか間に合ったり。さっそうと挨拶をして立ち去って、駅まで行って傘を置いてきたのに気づいたり。 ▼うまくいった日もありました。遠方で午前中いっぱいの予定が早めに終わり、…

2019-03-14 最近使っている小物

通訳業務時にノートを取るときのボールペンの好みが変わってきました。 以前 :三菱鉛筆のジェットストリーム 1.0mm(太字)黒 移行期:Parker IM にジェットストリームレフィル 1.0mm 黒 現在 :パイロット「TIMELINE」にアクロボール 0.7mm(中字)青 ボー…

2019-03-13 言行不一致

今年(2019年)は業務回数を少し減らして英語・日本語・通訳技能を強化しようと思っていました。ところが業務の照会があると半ば本能的に引き受けてしまいます。日程に空きがあると詰め込みたくなるのですね。 これではいけないと思い、照会があって日程が空…

2019-03-10 祝 仮免許取得

インタースクール通学時の恩師であり、今では(外から見ると)パートナー通訳者としてお世話になっている方が授業の合間にこう言ったのを憶えています。 通訳でなんとか生計を立てて5年で仮免許、10年で一人前 私の場合業務開始日は2つあるという感じが…

2019-03-06 実現した

民間通訳者養成機関のインタースクール(経営はインターグループ)には修了生を送り込む業務にいろいろと「品揃え」があるようです。 これはあくまで私の例ですが、以下のような順で進みました。 まだスクール生なら、通訳が原因で問題になることのない現場…

2019-03-03 年齢のはなし

今年1月末の出張業務で共に仕事をした40代の通訳者から「短期記憶の出し入れは若い人にかなわない」と聞きました。 アルク社の「イングリッシュジャーナル」4月号の連載記事「通訳の現場から」で筆者の関根マイクさんが同様のことを書いています。 ▼私は…

2019-03-01 3月上旬の変

今年(2019年)3月4日(月)から8日(金)までの東京における通訳需要は少し度外れているようです。登録エージェントの少ない私にも20件以上の照会がありました。必然的に15件以上にお断りの回答をすることになってしまいます。エージェント側も返信…

2019-02-24 あわてるな

今思うと2012年9月末に勤務先を退職したのは思い切った行動でした。蛮勇と呼んでもいいかもしれません。 初めてエージェントを介して通訳の仕事に出たのは 2014年3月です。つまり1年半はほぼ無職の生活でした。翻訳を数件請け負いましたが、さほど大きい額…

2019-02-23 内部損失

自動車のエンジンでもジェット機のエンジンでも「自分が回るため」にかなりのエネルギーを使っています。内燃機関なら混合気や空気の圧縮や動弁機構の駆動、ジェットエンジン(ガスタービンエンジン)なら吸気の圧縮が主なもの。燃料が生むエネルギーの数十…

2019-02-21 鳴いた

関東地方では急に暖かくなる日がありました。脱着式のコートの内張を外していったのは良い結果につながりました。 そして夜。今年初めてのカエルが鳴くのを聞きました。少し暖かくなって湿った空気。ちゃんと出てくるのですね。 ▼同じ通訳学校を修了した3人…

2019-02-20 足元に注意して行け

今年は2月にして早くも通訳という職業についていろいろと変化がある年になりました。 周囲の人の厚意でものごとがどんどん進んでいる気もします。 こういうときは危ない。自分の実力ではなく、相手の心に映った一種の私の「虚像」のためかもしれません。ひ…

2019-02-18 教わることばかり

少し久しぶりに通訳者Mと同じ現場に出ました。 「通訳者Mのブログ」を読んでわかるように、通訳についての洞察は非常に鋭い。いろいろと話をすると学ぶことが多いのです。 ▼ときどき同窓の通訳者に会うと、そのほかの日にも「ああ、この空の下、今日もどこ…

2019-02-17 逐次月間

公的な場や規模の大きめな会議で逐次通訳をする機会が続きました。その他に少人数ながらも先端技術の打ち合わせの逐次通訳もいくつか。 「ぴしり」と決まる訳を出すのは簡単ではありません。職業通訳者を手配してくれたのですから、両言語に不自由しない話者…

2019-02-13 通訳者の確定申告

2018年分の所得税確定申告を 2019年2月07日に提出しました。 昨年は出張業務があったので2月13日でした。その前は 2月1日。今年は源泉徴収票が1社分遅れて届いたので(おそらく日本郵便の事情)7日になりました。 今回は初めて電子申告(e-Tax)を使いまし…

2019-02-10 年の初めからいろいろ

毎年年末になると翌年度の手帳を買って事業計画を書きます。ごく簡単な表現です。年間何日間仕事をしたいのか・年収をどのくらいにしたいのか・どのような通訳業務をしていきないのか、など。学習・訓練についても少し。 今年(2019年)は1月からこの手帳に…