50歳で始めた通訳訓練

通訳者のブログ。会社員からフリーランス通訳者に転身。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2020-01-26 1月はゆっくりと

仕事の数が少ない月になったというお話です。 ▼2020年1月は売上が少ない月になりました。 2017年 全日11件 半日4件 2018年 全日13件 半日1件 2019年 全日10件 半日2件 2020年 全日 1件 半日11件 こうして内容まで見ると原因がわかります。出かけた回数はさほ…

2020-01-25 美術と自動車と(通訳セミナー)

一般社団法人日本会議通訳者協会主催のセミナーの紹介です。 【1/25】アートトランスレーター通訳講座:アートの声になるということ How to be the Voice of Art【東京】 【2/1】自動車業界の通訳【東京】 私はこの企画には携わらなかったのですが、話を聞い…

2020-01-18 大きく失速した1月

何でもあたりまえだと思っていてはいけないというお話です。 ▼2020年1月の月間売り上げがこの数年間で最低になりそうです。いままで連続成長だったので、なんとなく今年もうまい具合に始まるのではないかと思っていたのですが…。 待ち受け型の仕事ですから、…

2020-01-13 ダメダメです

仕事に出ないと電車の駅での階段の上り下りや徒歩の移動が少ないので体重が増え気味です。それに加えてでんぷんの多い南アジアの料理を食べてしまいました。 食事を軽くして体重増加を防いだのでしめしめと思い、アップルパイや桜餅を食べて振出しに戻る…。 …

2020-01-12 そんなに格好良いものでもない

航空客室乗務員と通訳者。共通点がありそうです。昔は「すごい・かっこいい」と言われた職業で、今はさほどもてはやされないという点で。 ▼通訳者は専門サービスを提供して報酬を得ます。これは医師、保育士、タクシー運転手、弁護士、電気工事士などと同じ…

2020-01-11 思ったら試してみよう

気になったことをすぐに行動に移すと良いことがあったというお話です。 ▼高校2年のときからハードコンタクトレンズを使っています。前回作ったものが3年半経って弾性を失ってきたのか、装着感が少し悪くなり片方を落としてしまいました。目の定期健診の際…

2020-01-10 仕事始めは段階的

2020年の仕事始めは 1月6日 月曜日に一斉というわけでもなさそうというお話です。 ▼今年の1月は仕事の予定がなぜかあまり入らず、予定表に空白が目立つ状態で年を越しました。昨年 2019年12月20日に仕事をして、次の業務予定が 1月16日。かくも長き休暇とい…

2020-01-08 百万アクセス

このブログのアクセスカウンターが百万を示しました。 2012年4月にブログを書き始め、2014年7月18日にブログホストを ameblo から Hatena Blog に移行しました。アクセス数記録はそこでゼロに戻ってからのものです。 機械による自動巡回もかなりの割合だと思…

2020-01-07 体の具合が良い

大切なことは簡単で難しいというお話です。 ▼数年前にときどき腰痛の気配があって心配でした。最近は長時間座って作業することがあってもあの「腰からのサイン」がありません。適度に歩いているからでしょうか。もうひとつありがたいのが肩の重みがまったく…

2020-01-06 10年

十年の長さ・短さに改めてはっとするというお話です。 ▼今から9年以上昔になる2010年の手帳を見たら、当時縁があって家庭教師として英語を教えていた記録が書いてあります。つい最近だった気がしますが、もうそんなに前のこと。当時は中国語を熱心に学んで…

2020-01-05 勇ましい掛け声は何かがかみ合っていないから

勇ましい決意表明は「絶対にごみを捨てないでください」という看板に似ています。問題はそこにあるが、改善の見込みが薄いという点で。 ▼片づけをしていて2010年からいままでの手帳を手に取って今に至るまでを思い出していました。2011年から2012年には精神…

2020-01-04 仕入れ

通訳サービスを売るので、対応する仕入れもしなくてはというお話です。 ▼迷いなく自然な表現をするためにあやふやな箇所を点検して直しておきます。敬語の仕組みもちゃんと理詰めであることがわかったのが大きな収穫でした。速く読むのを拒む本ですね。少し…

2020-01-02 なるほど、速いと追いつけない

難しそうな同時通訳では聞いた部分から即座に訳出していくほうが安全だろうというお話です。 ▼BBC の World of Business を同時通訳の練習素材として使いました。進行役の David Baker の語りが難しい。明瞭に話すのですが、密度が濃く同時通訳がすぐに遅れ…

2019-12-31 いろいろなことがあった

今年は特にいろいろなことがありました。実は…、というお話です。 ▼今年の3月で通訳業を始めて丸5年になりました。ちょっと意外な経路で仕事を引き受けたりエージェントに登録することが続きました。 理由は非常に単純で、「仕事量が増えるにつれ他の通訳…

2019-12-30 通訳者最強の営業ツール

仕事を招く活動のお話です。 ▼ブランド確立や(営業活動とは違う狭義の)マーケティングも大切なのかもしれませんが、もっと身近で重要な活動もあると思っています。 初めて取引をする顧客から直接発注をいただくことが最近続きました。きっかけは同じです。…

2019-12-24 鈍感と敏感と

鈍感でありながら敏感であれ、というお話です。 ▼通訳音声を聞く人に決して伝えてはいけないのは「通訳者が何かを探そう・読み取ろうと苦労している気配」です。元の発言にないものは何であれ加えてはいけないのですが、そのなかでも「迷い」は特に避けるべ…

2019-12-21 心の中の小鬼とつきあう

自分の考え方に癖・傾向はもちろんあるけれど、それを意識しておけばよいのではないかというお話です。 ▼会社勤務を28年してから全く異なる仕事を始めました。被雇用者 → 自営業者事務職 → 専門サービス職 あせってはいませんでしたが、それでいながら「少し…

2019-12-20 通訳の評価はだれがする

「評価」の種類によるというお話です。 ▼顧客の求めに応じて通訳を提供して報酬を得るのが職業通訳者ですから、顧客の評価がまず第一に大切です。対価に見合った通訳が提供されれば満足し、類似の場面が今後出てくれば再度発注してくれることでしょう。 ▼い…

2019-12-19 同時通訳の難しさ

時間が足りない故の難しさってあるな、というお話です。 ▼しばらく逐次業務が多かったと思ったら一転して同時通訳が続きます。同時通訳は一本調子というわけにはいかず、数分の間にも濃淡があります。通訳者が危ういところこそお客様としては通訳者が頼りに…

2019-12-16 イヤフォンとの意外な別れ

こんなこともある、というお話です。 ▼同時通訳ブースでおなじみの BOSCH 社の DCN-IDESK 卓上ユニット。イヤフォンを側面に差し込むのですが、講演が終わって立ち去ろうとしたらプラグが抜けません。イヤフォンジャックの中で何かが「ささくれ立った」よう…

2019-12-15 忘年会

少しずつの積み重ねはいつのまにか大きくなっているというお話です。 ▼通訳エージェントからお誘いを受けて忘年会に参加しました。おいしくて楽しい集まりになりました。 参加者は十数名で、そのうち初めて会う方は4人。過半数が何らかの形で接点があった方…

2019-12-10 油断しました。歯科治療

歯が1本不調なだけで通訳者人生は危うくなるというお話です。 ▼臼歯のセラミック冠を割ってしまいました。嚙み合わせるときに上下方向だけではなく左右の力をかけてしまい、横方向の力で欠けてしまったようです。 それだけなら特に痛みもなかったのですが、…

2019-12-10 深層インタビューの通訳

ちょっと変わった通訳業務のお話です。 ▼市場調査(market research)や商品開発で消費者・利用者の意見を聞く手法に深層インタビュー(in-depth interview)があります。聞き取り担当者と参加者とが一対一で個室で対談します。くつろいだ私的な環境を作り出…

2019-12-08 多種多様な仕事

いろいろな仕事をすることが励みになる通訳者もいるというお話です。 ▼企業勤務を28年した後に自営業の通訳者になったので、「なにからなにまで違う」というのが楽しみな日々が続きます。 事業計画を立てなくて良いし、仲間の管理職と頭を突き合わせて悩む…

2019-11-30 技能の向上はたまねぎのように

「ああ、こういうことだったのか」と何かをわかった気がしても、やがてまた同じ思いをするというお話です。 ▼通訳者は逐次通訳をするときも同時通訳をするときも等しく忙しい。逐次通訳では聞いているときから訳出の精神活動は始まっていて、聞いて・理解し…

2019-11-24 ちょっと特別な日々

通訳業務はどれも特別なものですが、今回は同席した通訳者が特別だったというお話です。 ▼通訳学校インタースクール東京校に通っていたときのことです。会議通訳本科Iで1日だけ同じクラスになった受講者がいました。半年ではなく1日。なぜかというとその…

2019-11-23 逐次訳が必要なとき

会議時間を短縮するために同時通訳の需要が多いのですが、逐次訳が必要なときもあるのではないかというお話です。 ▼たとえば過去の成功体験の延長から離れるために新しい考え、それも自己否定を含むような情報を取得するとき、同時通訳でどんどんと訳が進ん…

2019-11-18 立ち止まって少し考える

自分は何をしたいのかを考える機会があったというお話です。 ▼カフェで少し学習でもと思って出かけました。着いてからわかったのが素材を持ってきていないこと。 さてどうしましょうか。外部からの入力を絶つ良い機会なのだと思い当たり、今後どのような仕事…

2019-11-17 JACIセミナー

一般社団法人日本会議通訳者協会が主催する特色あるセミナーが年末に集中開催というお話です。 2019年11月28日(木)シンガポールワインと日本酒の通訳「基礎」ワークショップ【シンガポール】 2019年11月30日(土)福岡日英逐次通訳ワークショップ【福岡】 …

2011-11-12 起こったことは受け入れて

過去と他人とは変えられないというお話です。 ▼指名をいただいての業務照会を3件続けて断らざるをえませんでした。異なる3つのお客さんから「あのときの通訳者を手配してください」と言っていただけるのは実にありがたい。しかし先約があり残念ながら対応…