50歳で始めた通訳訓練

通訳者のブログ。会社員からフリーランス通訳者に転身。以下のユーザー名をクリックするとプロフィール表示に進みます。

2018-10-13 雪の下で耐える

企業を退職して通訳学校に通って生活費を払うと、それはそれはおもしろいように預金残が減ります。キャッシュがぼーぼーと燃える音が聞こえるようです。 続けていけばなんとかなる場合もありますが、なんともならない場合もあります。 全員が「続けていけば…

2018-10-11 時期をのがさないように

なぜか業務直前のキャンセルが相次ぎました。遠方に出かける機会かもしれないと思って学生時代の友人・通訳仲間・英語学習仲間に会いに関西に行きました。 ▼数年前からオンラインでのやりとりはあったものの、地上で会うのが初めてという方。斬新な考えを実…

2018-10-07 練習せよという声か

業務の打診をいただくのですが、なぜか日が重なります。「日程がふさがっていて断りのメールを毎日書くのがこの時期の主な業務かしら…」という話を親しい通訳者諸氏からよく聞きます。 以前から予定していた仕事が客先都合でキャンセルになったりもします(…

2018-10-04 危なかった…

早めに現場近くのカフェに入って昼食。さて、資料でも確認しておこうと思って業務指示書を見たら集合時間が私が記憶していたよりも1時間早い! 時間ちょうどに間に合いました。危ないところでした。 予定は必ず一次資料(受領したメールや指示書)で確認す…

2018-10-03 奈落はいつも口を開けて待っている

縁をいただいて同じ客先に複数回通うようになることがあります。 そのおかげで通訳者として生計を立てることができたのが 2014年。 その後そうした機会が増え、現在最高経営陣の会議に定期的に呼んでもらっている世界的大手企業が2社。学術関係で続けて機会…

2018-10-02 朝のカフェ

電車の混雑を避けるために午前中の業務のときは早めに現場近くに着いてカフェで朝食にしています。現場に早めに行くとなかったはずの資料が出ていたりと、いろいろ良いこともあります。 多くの人に人気のスターバックスにはあまり立ち寄っていないですね。例…

2018-10-01 そんな訳(やく)じゃないんだ

O Freunde, nicht diese Töne!sondern lasst uns angenehmere anstimmen,und freudenvollere. だれもが聞いたことのある文句です。英語にするとOh Friends, not these tones!Rather let us sing more cheerfuland more joyful ones. ベートーベン 交響曲第9…

2018-09-30 日本通訳フォーラム2018が記事に

アルクの「翻訳・通訳のトビラ」に日本通訳フォーラムの記事が出ました。3会場・13の講演から4つにつき詳細な報告があります。 「日本通訳フォーラム2018」レポート アルクはイカロス出版と共に日本通訳フォーラムの初回(2015年)から支援をしてくださ…

2018-09-29 声が出ない恐怖

数日前に日本会議通訳者協会が Facebook 上に設けている会員限定グループでのどをいたわる話題が続いていました。水を超微粒子にして吸引できる携帯機器や外国みやげで買ってきてもらう強力なのど飴など、皆さんいろいろと工夫しています。 私は過去一度だけ…

2018-09-26 続けていけるありがたさ

音楽やスポーツで食べていくことに比べれば、通訳業は見通しがつく(あきらめもつく)。 ▼渋谷のライブハウス13会場で開催のHUG ROCK FESTIVAL2018 秋分の日に出かけました。おめあてはマキアダチです。演奏は北欧・UKロックの世界でした。終演後にCDを買…

2018-09-25 一問一答

今年のいままでの業務では・同時通訳 58%・逐次通訳 42%となっています。 工場や屋外施設の視察の通訳をある程度請け負っているので逐次も定期的に担当しています。 逐次通訳にもいろいろな種類があります。儀礼的なあいさつ、講演、交渉、作業など。 顧客の…

2018-09-21 

このブログをお読みの皆さんは・仮案件・確定案件の定義を他の人に説明できるでしょうか。 また、直前の台風や地震で通訳業務が実行不可能になったときのキャンセル条項の扱いについてはどうでしょう。物理的に実施が不可能になった場合・念のため主催者が取…

2018-09-19 わらしべ長者(とその逆)

設立したばかりのベンチャー企業Aで通訳をしました。最初は地方都市のAの作業所で。そしてそのベンチャー企業の客先である大企業Xの現場事務所で。しばらくしたら東京にあるX本社の会議室に出入りするようになりました。 Aはやがて世界最大手の企業Bに…

2018-09-18 充実感を味わう時

こんな場面を想定してみてください。 英語話者が来日し、日本人数名と順に個人面談をする。英語を使わない人もいるので通訳者が手配されました。 なかには英語をかなり自由に使う人がいます。「話者に勝る通訳者はありえない(本人が伝えられればなにより)…

2018-09-17 チャイの配合

インド風煮出し紅茶の入れ方をいろいろ試しています。 最近昼食で立ち寄った・マサラキッチン(港区浜松町)・スワガット(港区六本木)のチャイに少々衝撃を受けました。昼時に安価で提供するチャイが私が作るものよりおいしく感じたからです。 自宅では科…

2018-09-16 まだまだ新しいものが出てくる

初めて通訳の仕事に出たのが 2014年3月05日でした。 2014-03-05 ソフトデビュー この日のことはよく覚えています。どんな話をしたか、昼食をどこで取ったか、電車の駅からどう歩いたかなどなど。 それから今まで何百という現場に出てきました。人と人とが話…

2018-09-15 通訳の市場を考える

今年の日本通訳フォーラムも大成功でした。通訳者・通訳研究者・通訳学習者・エージェントといろいろな立場の方が足を運んでくださいました。3つの部屋に分かれて進行しましたが、どの部屋にも多くの参加者が入りました。 ▼夕方の懇親会で会いたかった方と…

2018-09-14 知識は身を助けます

この見出しを見て「ははあ、なるほど」と思う人は読む前に表題に続く記事の内容がだいたいわかると思います。 通訳を志すような人ならたいてい The Little Red Book を連想するはず。ユン・チアンの「ワイルド・スワン」にも出てきましたね。 雑誌の見出しで…

2018-09-12 エージェンシーとの関係

最近いくつかの業務(異なる複数の客先)でとてもありがたい経験が続いています。 資料が事前に両言語で届き 主催者と事前打ち合わせができ 音響が理想的で 人前で話すのに慣れた話者が明瞭に語り 同席通訳者は以前に組んだことのある親しい人で 弁当がかな…

2018-09-11 待て。そして望みを持て。

アレクサンドル・デュマの「モンテ・クリスト伯」の邦訳「巌窟王」の児童向け版で読んだのが表題の表現。 通訳業務も世の中の多くのことと同じで「いいこともある。だけど、そうでもないこともある」の連続です。 報酬の高い業務が客先都合で立ち消えとなり…

2018-09-09 労働環境・安全・衛生

生産施設の労働安全の話は 企業にとって非常に重要 基本は共通している ひととおりの準備が比較的しやすい ただし生産そのもの・企業の事情は大きく異なる という特徴があります。 毎月のように会議で通訳をしている超大手企業でも安全衛生の話は必ず出ます…

2018-09-06 聞こえなければ訳せません

以前に 2018-07-22 顕著な効果--音取り用パナガイド という記事を書き、通訳者が送信機・受信機で話者の声を聞くお話をしました。 先日3人体制で簡易同時通訳を担当しました(送信のみ機材使用)。ご一緒した通訳者のお1人はブルートゥース(Bluetooth)の…

2018-09-04 ダルバート

ネパールの国民食「ダルバート」。ダルは豆のスープ、バートは米飯。日本の味噌汁とご飯みたいな感じです。 それに少しばかりの野菜のおかずや大根のアツァール(半発酵の漬物)を添えて食べるのが山間の基本だったのではないかと想像します。肉が手に入った…

2018-09-02 整理をつける

他の仕事から若い時に通訳業に転進した方とときどき組むことがありました。ある日、休憩時間にこんな話をしてくれました。 部屋でいちばん若い私が社長レベルの人の通訳をするわけです。部屋で英語がわかるのが私だけ。だから、なんとなく自分も重要人物にな…

2018-09-01 最後の日

ブログ「定年からの通訳デビュー」に「ジ・エンド」という記事がありました。 通訳に行くとき今日で「ジ・エンド」かなと思いながら出かける。 同じことを考えていらっしゃるなあ、と妙に納得しました。 2017-06-09 今日こそ「その日」かもしれない ▼薄味で…

2018-08-30 超えた

通訳業務はエクセルの表で記録しています。今後の業務も先日付でどんどん書き足しているので、いままで照会のあった業務がすべて確定した場合の年間売上を常時把握しています。交通費も入力し、源泉徴収税額も自動計算しているのでそのまま確定申告の資料に…

2018-08-29 部活動・仲間との語らい

仲間と東京駅八重洲口近くの「ダクシン」でミールス(南インドの定食)。基本となるラッサムやサンバルはもとより、キーマもとてもおいしかったですね。野菜サラダとチキンティッカをチャパティで包んで食べるとおいしいですよ。ちょっと「サブウェイ」みた…

2018-08-27 A Super Day

もうすっかり日本の通訳界で知られる存在になった日本通訳フォーラム。 今年は昭和女子大のすばらしいホールを3つ使って基調講演+12セッションという大イベントになりました。来場者は200超。今年は以前にも増して通訳者(社内・フリーランス)の参加…

2018-08-25 ボールペン

「あたしだったら自分のことばが百円のボールペンで書き留められるの、なんかやだな、って思うけど」 …すみません。さっそく手配しました。 通訳のノートではある程度軸の太さが必要です。著名ブランドのボールペンにはクレジットカードの署名が主な用途じゃ…

2018-08-22 「これだけ」は信じてはいけないようです

「これだけで話せるようになる」「学習はこれだけで十分」「聞くだけでわかる」相変わらず言語学習にはこうした誘いの言葉が多いですね。私は別にどうこう言うつもりはありませんが、成功した実例が複数あるかどうかを確かめてから試すといいように思います…